メインメニューを開く

中村獅童 (2代目)

日本の歌舞伎役者、俳優、声優

二代目 中村 獅童(にだいめ なかむら しどう、1972年昭和47年〉9月14日 - )は、歌舞伎役者日本俳優声優。本名、小川 幹弘(おがわ みきひろ)。乙女座。血液型はO型。身長177cm。体重63kg。足のサイズ26.5cm。日本大学藝術学部演劇学科中退。2013年4月より京都文教大学客員教授。中村獅童事務所所属。

にだいめ なかむら しどう
二代目 中村 獅童
Nakamura shidou 2011 8 29.jpg
スペースFS汐留にて(2011年8月29日)
屋号 萬屋
定紋 桐蝶 Kiri chō inverted.png
生年月日 (1972-09-14) 1972年9月14日(47歳)
本名 小川 幹弘(おがわ みきひろ)
襲名歴 1. 二代目中村獅童
出身地 日本の旗 日本東京都
初代中村獅童
小川陽子
小川沙織

来歴編集

歌舞伎の名門・小川家(旧播磨屋、現・萬屋)に生まれる。父は元歌舞伎役者の初代中村獅童(本名・小川三喜雄)。結婚10年目で待望の長男誕生だった。

おおらかにスケール大きく育つようにと、母・陽子は幼い獅童に北海道の雄大な景色を見せたり、アングラストリップなどの多種多様な舞台を鑑賞させるなどしたという。

6歳の6月より日本舞踊を始め、獅童自ら舞台に出たいと祖母に直訴。8歳のとき昭和56年(1981年)6月歌舞伎座妹背山婦女庭訓』「御殿」の豆腐買の娘おひろで二代目中村獅童を名乗り初舞台を踏む。この六月大歌舞伎は従兄弟にあたる五代目中村歌六三代目中村歌昇五代目中村時蔵とともに萬屋一門4名の襲名披露興行だった。当初から二代目中村獅童を名乗る。「獅童」は父・三喜雄の歌舞伎役者時代の名跡で、祖父三代目中村時蔵の俳号に由来する。三喜雄は獅童が幼い頃に歌舞伎役者を廃業しており、師匠不在の中でのスタートとなった。付き人もおらず、楽屋の支度は全て母が付き添って行った[1]1983年10月、『春日局竹千代松竹社長賞を受賞。

中学時代よりロックに傾倒しバンド活動を開始。明星学園高等学校卒業(第59回生)後、歌舞伎役者が開店休業状態のまま、日本大学藝術学部演劇学科に入学。在学時にはアマチュアバンドを結成している。19歳で歌舞伎の道を目指す事を再び決心するが、後ろ盾がないために役がつかず、最後列の一番端に並んでいるだけの役を演じる下積み生活を送る。その後、日本大学を中退。

1995年3月、団優太とボーカルユニット「UNIT33」としてCDを発表[2]

1996年『狐狸狐狸ばなし』おそめ役で歌舞伎座賞を、翌年には「歌舞伎の見方」解説で国立劇場特別賞を受賞。20代半ばより、歌舞伎と並行して野田秀樹大人計画などのオーディションを受け始めるが落選が続く。しかし映画『ピンポン』で準主役の「ドラゴン」の役を射止め、日本アカデミー賞ゴールデン・アロー賞(映画新人賞)、ブルーリボン賞日本映画批評家大賞毎日映画コンクールの各新人賞5冠を受賞。2002年公開、29歳だった。以降、多数の映画やドラマに出演することとなる。歌舞伎においても、2003年に若手俳優中心の公演である新春浅草歌舞伎にて『義経千本桜』『毛抜』で初の主演を務める。またこの頃、タレントの篠原ともえとの交際が報道される[3]

2005年6月、映画『いま、会いにゆきます』で共演した女優の竹内結子と結婚[4]。同年5月に中村のみで行った会見では竹内が妊娠していることも公表した。同年6月、京都南座で『船弁慶』の弁慶役を務める。この公演で、初めて一人部屋の楽屋を使うことが許された[1]。同年11月、第1子となる男児が誕生[4]

2006年7月12日、酒気帯び運転と信号無視で警視庁に検挙された(飲酒運転騒動を参照のこと)。

2008年2月29日、竹内と離婚。長男の親権は竹内[4]

2011年8月29日、都内で行われた米人気ドラマシリーズ『SUPERNATURAL VI〈シックスシーズン〉』のブルーレイ&DVD発売イベントに出席した際に、一般女性との交際が順調と答えた。2015年1月31日、一般女性と再婚[5]。同年5月28日、東京都内のホテルで披露宴を行い、沙織夫人を報道陣に紹介した[6]

2017年5月18日、人間ドックで初期の肺腺癌が発見されたことから、入院のため6月・7月の舞台を休演することを発表した[7]2017年12月18日、所属事務所を通じて同日午後3時30分に第2子の2736グラムの男児が誕生したことを発表した[8]

家系編集

弟子編集

歌舞伎・舞台年譜編集

  • 1981年6月 歌舞伎座妹背山婦女庭訓』「御殿」の豆腐買の娘おひろで二代目中村獅童を名のり初舞台。
  • 1998年 名題適任証取得。
  • 2001年11月 平成中村座試演会で『狐忠信』を初主演。
  • 2002年6月 国立劇場 鑑賞教室 『俊寛』の成経、解説『歌舞伎のみかた』
  • 2003年1月 浅草公会堂 新春浅草歌舞伎義経千本桜』の狐忠信、『菅原伝授手習鑑』「車引」の松王丸をダブルキャストによる初の主演。
  • 2003年6月 文化村シアターコクーン コクーン歌舞伎夏祭浪花鑑』の玉島磯之丞。
  • 2003年8月 歌舞伎座どんつく』の門礼者、『野田版 鼠小僧』の辺見勢左衛門。
  • 2003年11月 錦秋花形歌舞伎全国巡業『三人吉三』の和尚吉三、『棒しばり』の曽根松兵衛。
  • 2004年1月 浅草公会堂の新春浅草歌舞伎で歌舞伎十八番に挑戦。『毛抜』の粂寺弾正、『三人吉三』のお坊吉三など。
  • 2004年5月 - 6月 青山劇場『浪人街』(赤牛弥五右衛門役)に出演。
  • 2004年10月 三越劇場三越歌舞伎『双蝶々曲輪日記・引窓』の濡髪長五郎、『白浪五人男』の南郷力丸。
  • 2005年5月 中村屋の披露目で野田の『研辰の討たれ』再演。
  • 2005年6月 京都南座 『船弁慶』の弁慶。
  • 2006年1月 浅草公会堂 新春浅草歌舞伎 歌舞伎十八番の内『鳴神』の上人。
  • 2008年10月6日 - 26日 梅田芸術劇場メインホールで石原裕次郎三船敏郎主演で映画化された『黒部の太陽』を舞台化。裕次郎が演じた岩岡源三を演じた。
  • 2013年10月 新橋演舞場『大和三銃士』に主演。
  • 2016年4月29日 - 30日 ニコニコ超会議2016で「千本桜」と『義経千本桜』を原案とした『今昔饗宴(はなくらべ)千本桜』(佐藤四郎兵衛忠信役)で主演。
  • 2017年4月29日 - 30日 ニコニコ超会議2017で『花街詞合鏡(くるわことばあわせかがみ)』(八重垣紋三役)で主演。
  • 2018年4月28日 - 29日 ニコニコ超会議2018で『積思花顔競(つもるおもいはなのかおみせ)』(惟喬親王/良岑五位之助安貞役)で主演。
  • 2019年4月27日 - 29日 ニコニコ超会議2019で『今昔饗宴(はなくらべ)千本桜』 (佐藤四郎兵衛忠信役) で主演。
  • 2019年8月2日 - 26日 京都南座『八月南座超歌舞伎』で初音ミクと共演。

受賞歴編集

逸話編集

  • 一曲だけ参加したものも含め、現在4枚のCDを出している。他にも、JTAKUYA、元Oblivion DustのFURUTONらと共に、RED SHOESで初めて組まれたバンド、「西麻布アウトサイダーズ」(2008年のバンド名は「高樹町ミサイルズ2008」)のボーカリストとしても活動し、年に一度「Wear Red Shoes!」に出演。メンバーの入れ替わりもあるためバンド名は変化し、2008年は「高樹町ミサイルズ2008」。
  • マーケティング会社ブライト・ウェイ(東京)が2006年9月7日にまとめた有名人の子育てイメージに関するアンケートで、子育てに不熱心な父親の1位に選ばれた[9]
  • 大のスパイダーマン好き。映画『スパイダーマン2』『スパイダーマン3』のプロモーションに、“日本のスパイダーマン”として協力し、『アメイジング・スパイダーマン2』に吹き替えの声優として出演した。
  • ラーメンが大好きで、そのラーメン好きは芸能界でも有名である。1日3食ラーメンでも構わないというほど。プロデュースしたラーメンに、湘南獅龍麺がある。
  • 2003年に行ったダブルキャストでの初主演の演目のひとつ『義経千本桜』で演じた狐役が縁となり、動物の物語であるNHKテレビ絵本『あらしのよるに』の声優に抜擢ばってきされた。仕事の依頼を受けた獅童は、配役のうちの1匹を演じると思い込んでいた。実際は出演する動物三役をすべて1人で演じている。
  • 若い頃ケンタロウとバンドを組んでいたことがあり、その際ボーカルを担当していた。はじめはベースをやっていたが「おれに歌わせろ」ということでボーカルになった(『ウチくる!?』09年3月29日中村獅童の回でVTRゲストのケンタロウが出演した際発言)[出典無効]。また同番組内では非常に仲がいいという辺見えみりがゲスト出演した。
  • 喫煙家である。
  • 無名時代から、遠戚(父の従兄)の五代目中村勘九郎(後の十八代目中村勘三郎)に世話になり、「兄さん」と慕っている。その縁で、『たけしの誰でもピカソ』で中村座を特集した際、勘九郎に世話人に指名され、ビートたけしら出演者に、歌舞伎の指導を行った。そして、その後自らが特集されたものの、その事が出演者に忘れ去られ、VTRを見てやっと思い出してくれたが、流石に落胆していた。
  • 映画『ピンポン』に出演した当時は役作りのためにスキンヘッドと強面の風貌だったので、警察によく職務質問された[10]
  • 2013年12月17日に母親の小川陽子が死去した。死去から10日後の12月27日に公開され、声優として出演した『劇場版 HUNTER×HUNTER -The LAST MISSION-』の12月19日試写会舞台挨拶を欠席した[11][12]
  • 2017年7月下旬、神奈川県内の高級マンションから出てきた中村は、2億円をかけて新築される豪邸について「何でも建物の耐震構造に問題が見受けられたのだといいます。かなり古い造りでしたからね。それにいいきっかけができたことで、“家族の新生活”のスタートとして思い切って建て替えを決心したのだそう」と思いを語っていた[13]

飲酒運転騒動編集

  • 2006年7月12日 酒気帯び運転と信号無視で警視庁に検挙された。当初の会見では、同乗者は当時の妻・竹内とも知り合いの一般女性と発表していたが、実は女優岡本綾だったことが発覚した。
  • 2006年7月13日 記者会見後に、警察から家に帰り家族の顔を見て、人を轢いていたらと思うと反省するしかないと思い、来ていた仕事のほとんどを辞退し「一からやりなおす」と話した(既にアフレコを終了していた11月公開の映画『デスノート the Last name』は、差し替えられなかった)。
  • 2006年7月14日 イメージキャラクターを務めるマンダム、森永製菓、UCカードは、CM、HPなどの露出を自粛することを決定。契約については検討。
  • 2006年9月5日 主演舞台「獅童流 森の石松」のキャンペーンに出席。検挙直後に行った会見以来の公の場への登場となった。
  • 2006年9月8日 警視庁世田谷警察署により道路交通法違反(酒気帯び、信号無視)の疑いで東京区検察庁に書類送検される。
  • 2006年9月11日 アニメ 『DEATH NOTE』(リューク役)の出演が発表される。その後新作出演が続々発表され、事実上の復帰となる。
  • 2006年9月29日 東京簡易裁判所が、道交法違反(酒気帯び運転)で罰金20万円の略式命令を出した。

出演作品編集

テレビドラマ編集

映画編集

舞台編集

ネットドラマ編集

テレビアニメ編集

劇場アニメ編集

吹き替え編集

ゲーム編集

バラエティ編集

教養番組編集

歴史番組編集

  • 歴史にドキリ(2012年4月4日 - 2014年3月5日、全41回、NHK Eテレ) 2014年以降はスペシャルを除いて再放送。
    • 歴史にドキリ くらしと政治(2014年3月31日・4月3日、全4回)
    • 歴史にドキリ ロワイヤル・スペシャル(2013年1月1日)
    • 歴史にドキリ ラグジュアリー・スペシャル(2013年12月30日)
    • 歴史にドキリ feat.花燃ゆ フラワー・バーニング・スペシャル(2015年1月4日)

CM編集

音楽編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 小川陽子『言わぬが花 萬屋に嫁ぎ、獅童を育てて』主婦と生活社、2006年、[要ページ番号]ISBN 4-391-13207-9
  2. ^ UNIT33
  3. ^ “篠原ともえ、獅童と「ラブラブ」全開!”. ZAKZAK. (2003年4月23日). オリジナルの2015年9月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150915101740/http://www.zakzak.co.jp/geino/n-2003_04/g2003042306.html 2019年2月22日閲覧。 
  4. ^ a b c “中村獅童と竹内結子が離婚成立! 親権は竹内側に”. ORICON NEWS. (2008年2月29日). https://www.oricon.co.jp/news/52460/full/ 2019年8月14日閲覧。 
  5. ^ 中村獅童 交際中の女性と結婚”. デイリースポーツ (2015年2月1日). 2015年2月1日閲覧。
  6. ^ 中村獅童、妻・沙織さんを初公開 夫婦初ツーショットに照れ”. ORICON STYLE (2015年5月28日). 2015年5月28日閲覧。
  7. ^ “【中村獅童コメント全文】「早期発見 すぐに手術すれば完治すると…」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2017年5月18日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/05/18/kiji/20170518s00041000190000c.html 2017年5月18日閲覧。 
  8. ^ “中村獅童、男児誕生を発表 母の命日の翌日で「とても感慨深い心境」”. オリコンニュース. (2017年12月18日). https://www.oricon.co.jp/news/2102541/full/ 2017年5月18日閲覧。 
  9. ^ 有名人の子育てイメージ2006”. ブライトウェイ (2006年8月). 2019年2月22日閲覧。
  10. ^ INLIFE 男の履歴書 中村獅童”. 2019年2月22日閲覧。
  11. ^ “天野ひろゆき「女性アナの嫁が欲しい!」 母急死の獅童は欠席”. サンケイスポーツ. (2013年12月19日). http://www.sanspo.com/geino/news/20131219/oth13121915050024-n1.html 2019年2月22日閲覧。 
  12. ^ “天野「嫁は女子アナ」熱望 獅童は欠席”. デイリースポーツ. (2013年12月19日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2013/12/19/0006582721.shtml 2019年2月22日閲覧。 
  13. ^ 中村獅童、妻・沙織さんの妊娠を認める! 母子に捧げる「新築2億円豪邸」への想い”. 週刊女性PRIME. 主婦と生活社 (2017年7月24日). 2017年8月22日閲覧。
  14. ^ 《2019年大河ドラマ》出演者発表 第1弾!青年・金栗四三、故郷・熊本から1912年ストックホルム大会へ! いだてん 〜東京オリムピック噺(ばなし)〜”. NHKオンライン. NHK (2017年11月1日). 2017年11月1日閲覧。
  15. ^ “黒柳徹子役は満島ひかり ドラマ「トットてれび」出演者決定”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2016年2月26日). オリジナルの2016年5月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160525125424/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/02/26/kiji/K20160226012110850.html 2016年2月26日閲覧。 
  16. ^ レッドクリフ”. 日曜洋画劇場. テレビ朝日. 2017年9月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年7月23日閲覧。
  17. ^ 綾野剛「日本で一番悪い奴ら」追加キャストに中村獅童やピエール瀧ら、特報も公開”. 映画ナタリー. ナターシャ (2016年1月29日). 2016年1月29日閲覧。
  18. ^ 『シグナル100』全キャスト解禁! 超特報映像も!” (日本語). 東映オフィシャルサイト (2019年9月30日). 2019年11月4日閲覧。
  19. ^ DEATH NOTE - 文化庁メディア芸術データベース
  20. ^ “ルパン三世 霧のエリューシヴ”. トムス・エンタテインメント. http://www.tms-e.co.jp/search/introduction.php?pdt_no=473 2016年5月3日閲覧。 
  21. ^ ONE PIECE 呪われた聖剣 - 文化庁メディア芸術データベース
  22. ^ “鬼神伝”. ぴえろ公式サイト. http://pierrot.jp/archives/mov_list_21th/mov_031.html 2016年5月4日閲覧。 
  23. ^ マッキー -キャスト-”. KADOKAWA. 2017年12月29日閲覧。
  24. ^ アメイジング・スパイダーマン2”. 金曜ロードSHOW!. 2016年4月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年7月29日閲覧。
  25. ^ 諏訪部順一と中村獅童が“最恐”タッグ「ヴェノム」吹替版、中川翔子も参加”. 映画ナタリー (2018年9月6日). 2018年9月6日閲覧。
  26. ^ ミニドラマ仕立てでNHK受信料制度をPR 黒島結菜らが出演”. ORICON (2015年8月25日). 2015年8月25日閲覧。
  27. ^ ザ・プレミアム”. 日本放送協会. 2015年12月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年12月28日閲覧。
  28. ^ 湖池屋公式YouTubeチャンネル
  29. ^ 様々なコスプレに挑戦してきた中村獅童さんを 新CMキャラクター「Mr.マウス」に起用! 夜のオフィスで美人OLを虜に!?”. CM JAPAN (2016年1月28日). 2016年1月29日閲覧。

外部リンク編集