メインメニューを開く

中村 精男(なかむら きよお、1855年6月2日安政2年4月18日) - 1930年昭和5年)1月3日)は、明治大正期気象学者。第3代中央気象台台長。気象事業の整備や科学的な気象学の育成に尽力。日本の理科教育にも貢献した。

中村 精男
Late Mr. Kiyoo Nakamura, former director of the Tokyo Physics School.jpg
生誕 1855年6月2日安政2年4月18日
日本の旗 日本 長門国
死没 (1930-01-03) 1930年1月3日(74歳没)
居住 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
研究分野 気象学
研究機関 中央気象台東京帝国大学
出身校 東京帝国大学
プロジェクト:人物伝

目次

経歴・業績編集

長州藩士中村粂吉の長男として長門国で生まれる。少年の頃松下村塾に学ぶ。1871年上京し、大学南校を経て1879年東京大学物理学科を卒業、内務省地理局国土地理院の前身の一つ)測量課に入る。

1886年から1889年ドイツ留学ベルリン大学ハンブルク海洋気象台で気象学を修める。1890年に中央気象台技師となる。1893年シカゴで開かれた万国博覧会に出品するため英語で「The Climate of Japan 日本の気候」を執筆、この論文により1902年2月10日に理学博士となった[1]1895年に中央気象台台長に就任、1923年まで務めた。1908年11月28日には帝国学士院会員に選任された[2]

公務のかたわら、1881年には寺尾寿和田雄治らとともに東京物理講習所(のち東京物理学校、現東京理科大学)の設立に携わり、寺尾寿の後任として1896年から同校の校長となり、1930年脳溢血[3]で死去するまで在職、日本の理科教育にも大きく貢献した。

エスペラントおよびメートル法の普及に尽力した功績も大きい。財団法人日本エスペラント学会の初代理事長を1926年から1930年に務めた。

栄典・授章・授賞編集

著書編集

  • 中等教科・物理学、小林晋吉と共著、水野書店、1903年
  • Verkoj de D-ro Nakamura(中村精男博士遺稿集)、日本エスペラント学会、1932年 - 全篇エスペラントで記述

脚注編集

  1. ^ 『官報』第5579号、明治35年2月12日。
  2. ^ 『官報』第7629号、明治41年11月30日。
  3. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」(吉川弘文館、2010年)20頁
  4. ^ 『官報』第4943号「叙任及辞令」1899年12月21日。
  5. ^ 『官報』第3110号「叙任及辞令」1922年12月12日。