中村義洋

1970-, 映画監督、脚本家、ナレーター。

中村 義洋(なかむら よしひろ、1970年8月25日[1] - )は、日本映画監督脚本家ナレーター

なかむら よしひろ
中村 義洋
中村 義洋
生年月日 (1970-08-25) 1970年8月25日(52歳)
出生地 日本の旗 日本茨城県
ジャンル 映画監督
脚本家
ナレーター
主な作品
映画
アヒルと鴨のコインロッカー
チーム・バチスタの栄光
ゴールデンスランバー
殿、利息でござる!
決算!忠臣蔵
 
受賞
新藤兼人賞 金賞
2007年アヒルと鴨のコインロッカー
テンプレートを表示

来歴編集

茨城県つくば市出身[2]茨城県立土浦第一高等学校成城大学文芸学部芸術学科卒業。映画の仕事に惹かれたキッカケは高校3年のときに観た『マルサの女』である[3]。大学在学中より映画研究部に所属し、8mm映画製作を始める。1993年に『五月雨厨房』が「ぴあフィルムフェスティバル(PFF)」で準グランプリを受賞した。

大学卒業後、崔洋一平山秀幸伊丹十三らの作品に助監督として参加する。1999年、自主製作作品『ローカルニュース』で監督デビューする。同年よりブロードウェイがシリーズ化している『ほんとにあった! 呪いのビデオ』シリーズでは多くで監修、構成、演出を務め、また現在に至るまで同作品のナレーションを務める。

2004年、脚本家の鈴木謙一[注 1]と構成作家の細川徹と共に映像コントユニット「小鳩の会」を結成する。

2007年、日本映画製作者協会 (協同組合)による、もっとも将来性のある新人監督に与える「新藤兼人賞・金賞」を受賞する。

2018年、茨城県表彰(新しいいばらきづくり表彰)を受賞[4]

監督作品編集

映画編集

太字は脚本も担当している。

テレビ編集

参加作品編集

脚本・脚色編集

演出・構成編集

ナレーション編集

出演編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 鈴木謙一とは大学時代からの仲であり、中村が先輩にあたる。鈴木は在学中に中村の映画製作に感銘を受け、卒業後も自主制作映画に携わり、中村が監督デビューを果たした「ローカルニュース」で撮影を行った。また、「ほんとにあった! 呪いのビデオ」シリーズでは共に構成・演出を携わった他、以後の中村の作品で脚本を行うことも多い。
  2. ^ 3巻から7巻はDVDリマスタリングの際にナレーション再収録。

出典編集

  1. ^ 中村義洋監督&濱田岳が語る伊坂幸太郎の世界 - 「フツーにいる人の感情描写がうまい」”. マイナビニュース. マイナビ (2013年3月10日). 2015年8月8日閲覧。
  2. ^ 株式会社日宣メディックス. “つくば市出身の映画監督 中村義洋監督インタビュー” (日本語). いばナビ. 2020年9月22日閲覧。
  3. ^ 卒業生100人メッセージ”. seijo100th.info. 2020年9月22日閲覧。
  4. ^ 茨城県. “平成30年度茨城県表彰” (日本語). 茨城県. 2020年9月22日閲覧。
  5. ^ “公式ホームページ”. 有限会社オムロ. https://web.archive.org/web/20001213043600/http://www.butaman.ne.jp/~omuro/localnews/index.html 2022年3月12日閲覧。 
  6. ^ 時代劇・初主演の阿部サダヲ×瑛太×妻夫木聡で江戸中期の実話を映画化”. シネマトゥデイ (2015年7月4日). 2015年7月6日閲覧。
  7. ^ “大野智「忍びの国」主演で本格アクション初挑戦!中村義洋監督と再タッグ”. 映画.com. (2016年5月31日). http://eiga.com/news/20160531/3/ 2016年5月31日閲覧。 
  8. ^ “堤真一が大石内蔵助、岡村隆史が矢頭長助に 中村義洋監督最新作『決算!忠臣蔵』2019年冬公開”. Real Sound. (2018年12月14日). https://realsound.jp/movie/2018/12/post-292614.html 2019年4月3日閲覧。 
  9. ^ 中村義洋×足立紳×窪田将治×16人の俳優部! 短編連作集「稽古場」クラウドファンディング始動

外部リンク編集