メインメニューを開く

中村薫(なかむら かおる、昭和37年3月8日生まれ 血液型B型) は日本の女性タレント司会者MCフリーアナウンサー、自称美人。大阪府出身。戸籍上既婚、1男あり。京都市在住。

人物編集

大阪府柏原市で生まれる[1]。父は貿易商、母は美容師。3歳の時に堺市に引越す[2]。2歳上の兄がいる。堺市立平岡小学校堺市立上野芝中学校三国丘高校奈良女子大学文学部教育学科卒業。血液型B型。身長159.5cm。 愛称「おばちゃん」、「薫ばあば」。

大学在学中の1980年、スキークラブ「ジャングルジム」を創立。天神祭ギャルみこしで読売テレビの人にスカウトされる。道上洋三(大学の時にアルバイトで番組で電話受けをしていた)に尻を押され、1983年10月にラジオ大阪オール巨人・阪神の番組のレポーターでデビュー、関西テレビレポーターを経て、朝日放送お天気お姉さん。27歳で芸能活動休止。31歳の時、キャパに憧れ、大阪写真学校(夜間)に入学、7歳下の同級生にデートに誘われ、関係をもつ。30代でつかしんで店を始め、数億円をつぎ込ませ、美容院を2店経営。1998年4月から笑福亭晃瓶とラジオを始める。2000年10月10日、7年の交際を経て結婚。2001年、39歳で出産。3週間で復帰。2011年3月頃までオフィスキイワードに所属していたが、現在はフリー。

朝にKBS京都笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ』のアシスタントを担当しているが、アシスタントの役割をせずに、メインの晃瓶の話の腰をおり、その天然パワーでリスナーを安心と笑いに導いてくれる重要な人物である。 その天然パワーの裏には賢明さもあり、教員免許を持っている。 最近は夫とのケンカ話や貧乳ネタを番組内でよく言っている。 反中主義者。

エクサブラとガードルを愛用。イカ乳は否定している。本人のラジオでの発言によると、絞っても乳はもう出ない、ということである。

客人にコーヒーを出すタイミングで夫と言い争いになった時に吐いた暴言「みそ汁家族」は語り草になっている。

夫と車を共有していて、お互いガソリン代を負担したくないのでガス欠寸前まで乗るのが習慣になっていたが、夫がついに道の真ん中でガス欠を起こし大変な騒ぎになったことがある。

「上から目線」「偉そう」と指摘されることがあるが、「前世が女王様だからしょうがない」と思っている。以前に、占いを習っているセミプロのような人にみてもらって、「前世は女王様」と言われたことがある。

特技は腹話術(里井硯二の弟子)、スキー水泳浜寺水練学校出身)、すかしっ屁、屁をリズミカルに出すこと。立ちションは風呂場だけ。全日本スキー連盟スキーバッジテスト一級。スキー用の別荘を所有。ヘリスキーの経験もある。サングラスではなくゴーグルを使用。

俳優の藤田功次郎藤山寛美の4番弟子で末弟子)はいとこ[3]

ほからじ開始当初は、梶原誠と直前までニュース番組をしていたこともあり、報道志向が強く安藤優子への思いを熱く語っていた。遠距離恋愛中の恋人(現在の夫)との別れを悲しんで目をはらしてスタジオに来ることもあったという。最初の半年は中津から阪急電車で通っていた。

KBS京都アナウンサーの平野智美は、同郷で三国丘高校の後輩でもあり仲が良い。

2009年には、番組企画(1年間限定)で「数え亭四十八(かぞえてい よとはち)」の名で、落語「動物園」と「桃太郎」(2009年12月 KBSホール)を演じた。「動物園」は2009年1月(元立誠小学校)と3月(番組ツアー)の2回演じた。

理想の男性像は「資産家、きれいな私の言うことを何でもきいてくれる人、私にケチをつけない人」。

ジュリアーノ・ジェンマのファンで、一時期三善英史のファンでもあった。

愛車はルノーキャトルだったが、2002年頃に節約のため手放した。滋賀県草津市まで買いに行ったほど好きな車だった。

ニックネームは、「かお」→「たまごちゃん」[4]→「たこやきちゃん」「りんごちゃん」[5]→「よとはち」→「半世紀ちゃん」と変わっている。また、歩き方がペンギンに似ている。

出演編集

現在編集

過去編集

ほか

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 2012年4月11日 笑福亭晃瓶のほっかほかラジオで「生まれたのは大阪柏原です、ぶどう畑で。」と本人が発言
  2. ^ 2013/6/4@おどろく.Com
  3. ^ 父の姉妹の子。
  4. ^ 20歳の頃はもっとふくよかな丸顔でお肌がツルツルだった。
  5. ^ 頬が赤く突き出ているため。

外部リンク編集