中村嘉葎雄

日本の俳優
中村賀津雄から転送)

中村 嘉葎雄(なかむら かつお、1938年昭和13年)4月23日[2] - )は、日本俳優血液型A型

なかむら かつお
中村 嘉葎雄
中村 嘉葎雄
『サンケイグラフ』1955年4月3日号
本名 小川 加沙雄[1]
別名義 中村 賀津雄
生年月日 (1938-04-23) 1938年4月23日(86歳)
出生地 日本の旗 日本東京府東京市赤坂区青山南町
(現:日本の旗 日本東京都港区南青山
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
血液型 A型
職業 俳優
ジャンル 映画
テレビドラマ
舞台
活動期間 1955年 -
配偶者 なし(離婚歴あり。)
著名な家族 中村 時蔵(父)
小川 ひな(母)
二代目 中村 歌昇長兄
四代目 中村 時蔵(次兄)
初代 中村 獅童(三兄)
萬屋錦之介(四兄)
二代目 中村 獅童
主な作品
テレビドラマ
赤穂浪士
新・必殺仕置人
あかんたれ
名奉行 遠山の金さん』シリーズ
ふたりっ子
映画
陽炎座
ラブレター
20世紀少年』シリーズ
 
受賞
日本アカデミー賞
最優秀助演男優賞
1981年陽炎座』『ラブレター
仕掛人梅安』『ブリキの勲章
ブルーリボン賞
助演男優賞
1966年湖の琴
その他の賞
毎日映画コンクール
男優助演賞
1969年わが恋わが歌
尻啖え孫市』『新選組
キネマ旬報賞
助演男優賞
1981年陽炎座』『ラブレター
報知映画賞
助演男優賞
1981年『陽炎座
仕掛人梅安』『ブリキの勲章
テンプレートを表示

父は歌舞伎役者の三代目 中村 時蔵俳優萬屋錦之介はすぐ上の兄(四兄)。他の兄弟二代目 中村 歌昇(長兄)、四代目 中村 時蔵(次兄)、初代 中村 獅童(三兄)がいる。

また二代目 中村 獅童は甥にあたる。


来歴・人物

編集

東京府東京市赤坂区青山南町(現・東京都港区南青山)に、3代目中村時蔵とひな夫妻の五男(第 9子)として生まれる[2]1943年昭和18年)9月東京歌舞伎座『取替べい』で「中村 賀津雄」を名乗り、初舞台を踏む[2]1955年(昭和30年)[2]暁星高等学校2年生の時に、初代 中村 錦之助に続いて映画界に入り、松竹に入社[2]。デビュー作は『振袖剣法』(酒井辰雄 監督)。

1958年(昭和33年)、松竹から東映に移る。東映作品では社会派不良少年物で主役を張るようになるが、その中で明朗なスター性も身につけてくる。この時代の錦之助と競演した代表作には『殿さま弥次喜多』シリーズが挙げられる。1959年(昭和34年)、アジア映画祭・京都市民映画祭でブルーリボン助演男優賞を受賞した[2]ほか、毎日映画コンクール第2回助演男優賞[2]、テアトロン賞[2]を受賞した。1964年(昭和39年)、芸術座『越前竹人形』で芸術祭奨励賞受賞[2]1964年(昭和39年)、東映を退社しフリーとなり、1976年(昭和51年)に女優の柴田恒子との結婚を機に「中村 嘉葎雄」に改名した(1981年(昭和56年)に離婚)。

以後も「映画」・「舞台」・「テレビドラマ」に幅広く出演し、「時代劇」・「現代劇」・「サスペンス」・「喜劇」など幅広いジャンルで円熟した演技を見せている。近年ではNHK朝の連続テレビ小説ふたりっ子』(1996年平成8年))における真剣師役を演じた。また、Apple Computerの日本CMにも出演するなど、意欲的に活動している。

2004年(平成16年)に映画『いま、会いにゆきます』で、甥の2代目中村獅童と共演した(会話シーンは無い)。2005年(平成17年)にはプレミアムステージフジテレビ系)『特別企画 終戦60周年記念 実録・小野田少尉 遅すぎた帰還』で獅童扮する小野田少尉の父親役として、本格的な共演を果たした。獅童とは2009年(平成21年)にTBS系『JNN50周年記念 歴史大河スペクタクル唐招提寺1200年の謎〜天平を駆けぬけた男と女たち』(鑑真とその弟子の如宝役)でも共演している。

出演作品

編集

映画

編集

テレビドラマ

編集

テレビアニメ

編集

劇場アニメ

編集

バラエティ

編集

出典

編集
  1. ^ 中村嘉葎雄”. 歌舞伎俳優名鑑 想い出の名優篇. 日本俳優協会. 2019年2月21日閲覧。 (日本語)
  2. ^ a b c d e f g h i 中村嘉葎雄 | 歌舞伎俳優名鑑 想い出の名優篇”. 日本俳優協会伝統歌舞伎保存会. 2023年1月14日閲覧。 (日本語)
  3. ^ 怪盗ルパン813の謎 - メディア芸術データベース
  4. ^ STEAM BOY - メディア芸術データベース

外部リンク

編集