中村長三郎 (2代目)

二代目 中村長三郎(にだいめ なかむら ちょうざぶろう、2013年5月22日 - )は、歌舞伎役者、俳優屋号は、中村屋定紋角切銀杏、替紋は丸に舞鶴。本名は、波野 哲之(なみの のりゆき)。2017年襲名[3]。歌舞伎名跡「中村長三郎」の当代。

二代目 中村なかむら 長三郎ちょうざぶろう
屋号 中村屋
定紋 角切銀杏 Sumikiri Ichō inverted.png
生年月日 (2013-05-22) 2013年5月22日(8歳)
本名 波野哲之
襲名歴 1. ニ代目中村長三郎[1] [2]
出生地 日本の旗 日本東京都
曽祖父 十七代目中村勘三郎(父方の父方)
七代目中村芝翫(父方の母方)
祖父 十八代目中村勘三郎(父方)
六代目中村勘九郎
前田愛
兄弟 三代目中村勘太郎(兄)
公式サイト 中村屋公式Webサイト|中村勘九郎 中村七之助 後援会


父は六代目中村勘九郎、母は女優前田愛、兄は三代目中村勘太郎。父方の祖父は十八代目中村勘三郎、父方の叔父は二代目中村七之助。母方の叔母は女優の前田亜季。父方の父方の曽祖父は人間国宝十七代目中村勘三郎、父方の母方の曽祖父は人間国宝七代目中村芝翫。父方の大伯母は劇団新派の看板女優波乃久里子2017年2月2日(木)、歌舞伎座にて「中村長三郎」を二代目として襲名した。また、幼少の頃の父・勘九郎同様ドキュメンタリー番組で取り上げられる事が多い。

略歴編集

  • 2013年5月22日、六代目中村勘九郎・前田愛夫妻の第2子として男児誕生。祖父・勘三郎の本名から1文字取り「哲之(のりゆき)」と命名[4] [5]
  • 2013年6月22日、東京・浅草神社にて、初お宮参り[6] [7]
  • 2016年8月、歌舞伎座『八月納涼歌舞伎』第三部「土蜘」にて「石神実は小姓四郎吾」として舞台に実質初お目見得[8] [9] [10]
  • 2017年2月、歌舞伎座『江戸歌舞伎三百九十年 猿若祭二月大歌舞伎』夜の部「門出二人桃太郎」にて「弟の桃太郎」として初舞台、二代目中村長三郎を襲名[11][12] [13] [14]

出演編集

主に歌舞伎の舞台編集

[1] 中村屋一門の自主公演は後述の別項目。 [2] 単発参加の舞踊会なども含む。

  • 2016年08月 『土蜘』石神実は小姓四郎吾
  • 2017年02月 『門出二人桃太郎』弟の桃太郎[15]
  • 2018年11月 『源平布引滝 実盛物語』小万倅太郎吉[16]
  • 2018年11月 『弥栄芝居賑』中村座若太夫長三郎
  • 2019年04月 『雪傾城』禿(※雀成会[17]
  • 2019年08月 『伽羅先代萩』足利鶴千代[18]
  • 2020年01月 『鰯賣戀曳網』禿蜻蛉〈奇数日〉
  • 2021年02月 『奥州安達原 袖萩祭文』袖萩娘お君
  • 2021年5-6月 『夏祭浪花鑑』団七伜市松
  • 2021年11月 『宵赤坂俄廓景色(よいのあかさか にわかの さとげしき)』鳶の者亀吉


テレビ編集

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ 公益社団法人日本俳優協会松竹株式会社・一般社団法人伝統歌舞伎保存会 共同編集発行『かぶき手帖 2018年版(歌舞伎の公式データブック)』P.169下段に「芸名 中村長三郎|二代目」初出。|2018年1月2日発行
  2. ^ 国立劇場調査記録課 編『歌舞伎俳優名跡便覧[第五次修訂版]』P.249下段に「名跡 中村長三郎|二代」初出、参考や特記事項は無し。|独立行政法人日本芸術文化振興会 2020年3月31日発行
  3. ^ 前田愛が初めて語る夫・勘九郎の素顔「服は脱ぎっぱなしで…」 (2017年2月2日)” (日本語). エキサイトニュース. 2020年11月19日閲覧。
  4. ^ “中村勘九郎・前田愛:第2子誕生 亡父・勘三郎さんの本名から「哲之」と命名”. MANTANWEB(まんたんウェブ) (株式会社MANTAN). (2013年5月23日). https://mantan-web.jp/article/20130523dog00m200006000c.html 2022年1月14日閲覧。 
  5. ^ 中村勘九郎(31)と女優・前田愛(29)夫妻に22日、第2子となる次男が誕生 “《速報》勘九郎&愛に第2子誕生 父から一字”. テレビ朝日 (株式会社テレビ朝日). (2013年5月22日). https://www.tv-asahi.co.jp/smt/f/geinou_tokuho/hot/?id=hot_20130522_110 2022年1月14日閲覧。 
  6. ^ “中村勘九郎、一家で二男・哲之の初宮参り”. 日テレNEWS24 (日本テレビ放送網株式会社). (2013年6月22日). https://www.news24.jp/articles/2013/06/22/08293483.html 2022年1月14日閲覧。 
  7. ^ 中村勘九郎(31)と女優前田愛(29)夫妻の第2子となる次男、哲之(のりゆき)ちゃんの初宮参りが22日、東京都台東区の浅草神社で行われた。 “中村勘九郎 次男「のりちゃん」初宮参り「幸せです」”. スポニチ (スポーツニッポン新聞社). (2013年6月23日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/06/23/kiji/K20130623006067790.html 2021年12月14日閲覧。 
  8. ^ 「八月納涼歌舞伎」襲名目前に控えた中村橋之助が熱演「これも何かのご縁」|ステージナタリー|2016年8月8日
  9. ^ 中村“橋之助”最後の舞台、納涼歌舞伎に意気込み |日刊スポーツ新聞社|2016年8月9日 紙面から
  10. ^ "今日から歌舞伎座で上演される八月納涼歌舞伎。昨日公開舞台稽古が行われ、主演の中村橋之助さんを始め8名の出演者が集まった。今回勘九郎さんの息子哲之が初出演。稽古中に寝てしまうというハプニングはあったものの、自分の台詞はしっかり言えた"とフジテレビのバラエティ番組「ノンストップ!」にて報道された|2016年8月9日(火)09:50~11:25
  11. ^ 中村勘太郎、中村長三郎、来年「二月大歌舞伎」初舞台を発表 |歌舞伎美人|2016年3月7日
  12. ^ [https://www.kabuki-bito.jp/news/3858 歌舞伎座「猿若祭二月大歌舞伎」初日開幕|歌舞伎美人|2017年2月4日
  13. ^ 「門出二人桃太郎」特別ポスター
  14. ^ 月刊誌演劇界2017年4月号 ◎巻頭大特集 猿若祭と三代の桃太郎 |演劇出版社|2017年3月4日発売
  15. ^ [かぶき手帖2018年版]P.169写真掲載
  16. ^ [かぶき手帖2019年版]P.165写真掲載
  17. ^ 2019年4月28日、国立劇場・大劇場にて開催。 “雀成会:中村流の舞踊会 梅が「娘道成寺」 28日、国立劇場”. 毎日新聞 (株式会社毎日新聞社). (2019年4月18日). https://mainichi.jp/articles/20190418/dde/018/040/025000c 2022年1月12日閲覧。 
  18. ^ [かぶき手帖2020年版]P.165写真掲載
  19. ^ 歌舞伎「奥州安達原 袖萩祭文」「連獅子」 - 古典芸能への招待 |NHK
  20. ^ 徹子の部屋バックナンバー|テレビ朝日
  21. ^ 徹子の部屋バックナンバー|テレビ朝日
  22. ^ “本日放送「徹子の部屋」に中村勘九郎親子、勘太郎・長三郎が黒柳徹子に将来の夢語る”. ステージナタリー (株式会社ナターシャ). (2021年1月25日). https://natalie.mu/stage/news/413684 2022年1月9日閲覧。 
  23. ^ 徹子の部屋バックナンバー|テレビ朝日
  24. ^ “中村勘太郎&長三郎、2人で『徹子の部屋』に登場!芝居が好きすぎて家でも毎日「芝居ごっこ」”. テレ朝POST (株式会社テレビ朝日). (2022年1月9日). https://post.tv-asahi.co.jp/post-174773/ 2022年1月9日閲覧。 
  25. ^ 『中村勘九郎 中村七之助 中村鶴松 華の新春KABUKI 2022』 クイズコーナーに勘太郎・長三郎兄弟がVTR出演|BSフジ


関連項目編集


外部リンク編集