中村 龍平(なかむら りゅうへい、1916年大正5年)5月20日 - 2008年平成20年)3月29日)は、日本陸軍軍人及び陸上自衛官陸軍士官学校卒業(第49期)。第10代陸上幕僚長、第7代統合幕僚会議議長

中村 龍平
生誕 (1916-05-20) 1916年5月20日
日本の旗 日本 滋賀県
死没 (2008-03-29) 2008年3月29日(91歳没)
所属組織 War flag of the Imperial Japanese Army.svg 大日本帝国陸軍
No image available.svg 警察予備隊
No image available.svg 保安隊
Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊
軍歴 1937 - 1945(日本陸軍)
1952 - 1952(予備隊)
1952 - 1954(保安隊)
1954 - 1979(陸自)
最終階級 帝國陸軍の階級―襟章―少佐.svg 陸軍少佐(日本陸軍)
JGSDF General insignia (a).svg 統合幕僚会議議長たる陸将(陸自)
テンプレートを表示

1971年昭和46年)7月30日に発生した全日空機雫石衝突事故の対処に当たる。また沖縄返還に伴う新たな部隊(第1混成団)配備と施設管理を処理した。

略歴編集

農業組合長・中村忠治郎の長男として生まれる。水口中学校陸士予科を経て陸士本科へ進む

栄典編集

  •   勲二等瑞宝章 - 1986年(昭和61年)11月3日

脚注編集

  1. ^ 『官報』号外第17号(昭和61年11月5日)
  2. ^ “中村龍平氏死去 元統合幕僚会議議長”. 共同通信社. 47NEWS. (2008年3月31日). http://www.47news.jp/CN/200803/CN2008033101000736.html 2014年11月29日閲覧。 
  3. ^ 『官報』本紙第4821号(平成20年5月2日)

参考文献編集

先代:
衣笠駿雄
統合幕僚会議議長
第7代:1973年 - 1974年
次代:
白川元春
先代:
衣笠駿雄
陸上幕僚長
第10代:1971年 - 1973年
次代:
曲壽郎
先代:
益田兼利
東部方面総監
第9代:1970年 - 1971年
次代:
竹田津護作