中条 三盛(なかじょう みつもり)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将中条氏22代当主。沼垂郡奥山庄鳥坂城主。揚北衆三浦党の一人。主家の会津移封後は出羽国置賜郡鮎貝城主となり、関ヶ原の戦いでは最上氏の支城を攻略した。

 
中条三盛
時代 安土桃山時代 - 江戸時代初期
生誕 元亀4年/天正元年(1573年
死没 慶長12年5月22日1607年7月15日
改名 一黒丸(幼名)→資盛(初名)→三盛
別名 通称:与次
墓所 山形県米沢市相生町の極楽寺
新潟県胎内市東本町の大輪寺
主君 上杉景勝
氏族 越後中条氏
父母 父:中条景泰、母:中条景資娘・俊子
兄弟 三盛資種資春
盛直長尾景泰
テンプレートを表示

生涯編集

元亀4年/天正元年(1573年)、越後国国人中条景泰の長男として誕生。中条氏は相模国の名族で鎌倉幕府創立の功臣、平姓三浦氏和田氏の流れである。

織田氏による攻撃により魚津城で戦死した父に代わり、上杉景勝に所領を安堵され家督を継ぐ。一黒丸は当時まだ元服前の幼年であったものの、中条家家老築地資豊を名代後見として特例的に相続が認められたものである。

主家の会津移封に従い、1万石と同心分3300石で鮎貝城主となり、関ヶ原の戦い時の最上攻めに水原親憲らと共に出陣している。

その後、上杉家は米沢転封となるが、三盛は石高は3分の1に減ったものの、引き続き鮎貝城主を務める。後に弟や叔父などの親族に分知し、自身の禄は1800石となった。後年、最上攻めの時に受けた傷が悪化し、鮎貝城にて没した。

嫡子である一黒丸(三盛の幼名と同名、後の盛直)が父同様に若年で家督を相続するが、叔父・中条資種と築地資豊の争いが起きたため、一黒丸は米沢城に引き取られることとなる。なお、中条家は幕末まで侍頭執権奉行など米沢藩の重職を担っている。

系譜編集

出典編集

  • 史料
    • 『中条家文書』
    • 『越後文書宝翰集 三浦和田氏文書』
    • 『上杉家御年譜』
    • 『越佐史料』
  • 『中条町史』
  • 『奥山庄城館遺跡』水沢幸一(同成社)
  • 『おくやましょう』第11号(中条町郷土研究会、1986年)
  • 『越後野志』上巻

外部リンク編集