中条 信汎(ちゅうじょう のぶひろ、天保8年12月23日1838年1月18日) - 没年不詳)は、江戸時代高家旗本。父は出羽新庄藩第10代藩主戸沢正令。母は正室・桃令院(貢姫(異説あり))。養父は高家旗本中条信礼。通称は兵庫

嘉永4年(1851年)12月1日将軍徳川家慶に御目見する。安政2年(1855年)3月26日養父信礼の隠居により、家督を相続する。

兄弟に、出羽新庄藩第11代藩主戸沢正実伊勢神戸藩第7代藩主本多忠貫戸田直一戸沢正時がいる。

戊辰戦争の混乱の中で家禄を失い没落。この時点で31歳だが、実家の戸沢家からの支援はなかったと思われる。これにより義父信礼と共に消息不明になったとされる[1]。現在青山霊園の2-イ-10付近にある立体埋蔵施設第2区の石板に名前が刻まれており、かつては青山霊園に葬られていたと思われるが、合葬されて墓石が残っておらず、没年は不詳[2]

脚注編集

[脚注の使い方]
先代:
中条信礼
高家中条家第8代当主
1855 - 不詳
次代:
不詳