メインメニューを開く

中条 家忠(ちゅうじょう いえただ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将織田氏の家臣。三河国八草城広見城主。一般には中条将監として知られる。

 
中条家忠
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不明
死没 天正5年8月30日[1]1577年10月21日
別名 秀正、通称:小一郎
戒名 徳翁浄勝大禅定門
墓所 愛知県豊田市広幡町の秀興山正林寺
官位 左近将監
主君 織田信長
氏族 中条氏八草中条氏
秀佳荘助(勝助)
テンプレートを表示

略歴編集

出自不詳。陸奥国出身の中条飛騨守の嫡男説、尾張国春日井郡出身説、三河加茂郡八草村[2]出身説がある。衣城を本拠とした中条氏との関係も不明であり、区別するために「八草中条氏」と呼ばれる事がある。

織田信長に早くから仕え、天文21年(1552年)8月の尾張下四郡守護代清洲城主・織田信友との戦い(萱津の戦い)で奮戦し、柴田勝家と共に敵方家老である坂井甚介を討ち取っている。永禄12年(1569年)8月の大河内城の戦いに一族の中条又兵衛と共に従軍。翌元亀元年(1570年)6月の姉川の戦いに先立つ「八相山の退口」[3]では、佐々成政簗田広正と共に殿軍を受け持ち、追撃する浅井軍と戦い、家忠・又兵衛共に負傷している。この他、元亀元年(1570年)9月の志賀の陣天正2年(1574年)の第三次長島侵攻、天正5年(1577年)の雑賀攻めなどにも参加している。

天正5年(1577年)3月に秀興山正林寺(豊田市広幡町)を創建。また、戦火のため荒廃していた猿投神社の復興にも尽力した。同年8月30日に没し正林寺に葬られた。

子は長男・弥十郎秀佳、次男・荘助(勝助)の二人がおり、信長の死後、織田信雄に仕えた。秀佳は文禄・慶長の役で戦死、荘助は八草城陥落[4]後、足助に逃れたという。天正6年(1578年)の猿投神社遷宮時に残された棟札によれば、「左近将監秀正」の子は「勝兵衛尉秀清」であるが、秀佳と秀清が同一人物かどうかは不明である。

脚注編集

  1. ^ 没年月日は正林寺過去帳による。
  2. ^ 豊田市八草町。
  3. ^ 6月22日、信長が虎御前山から陣を移した際に浅井軍との間で生じた戦い。
  4. ^ 小牧・長久手の戦いの際の事と思われるが詳細不明。

出典編集