中東の現代の紛争一覧

ウィキメディアの一覧記事

これは中東の現代の紛争一覧 であり、中東として知られている地理的および政治的地域の国で起きた紛争を掲載している。「中東」は伝統的に肥沃な三日月地帯メソポタミア)、レバントナイル川デルタアラビア半島アナトリア半島イランの近隣地域と定義されている。現在中東地域は西はエジプト、トルコキプロス、東はイランとペルシャ湾[1]、北はトルコとイラン、南はイエメンオマーンに至る。

  • 紛争は、少なくとも100人の死者を出した別個の事件であり、副次的紛争を含む総死亡者数が記載されている
  • 「現代」という用語はオスマン帝国時代以降(1918年以降)を示している。
中東
Contemporary Middle East
国々 (2013) バーレーンキプロスエジプトイランイラク (イラク領クルディスタン)、 イスラエルヨルダンクウェートレバノン北キプロス*、オマーンパレスチナ*、カタールサウジアラビアシリア (ロジャヴァ)、トルコアラブ首長国連邦イエメン

紛争一覧編集

紛争 場所 犠牲者
1902–1932 サウジアラビアの統一[a]   ナジュド及びハッサ王国

  ヒジャーズ王国
  クウェート首長国
  ナジュド・スルタン国
  トランスヨルダン首長国

  イギリス委任統治領メソポタミア
  ナジュド及びヒジャーズ王国

8,000–9,000
1914–1918 中東戦域 (第一次世界大戦)
  ガージャール朝

  Sultanate of Egypt
  ナジュド及びハッサ王国
  ジャバル・シャンマル王国
  Sheikhdom of Kuwait
  Sultanate of Lahej
  オスマン帝国
  アルメニア第一共和国
  アゼルバイジャン民主共和国

2,825,000[2][3][4]–5,000,000[5] (民間人を含むオスマン帝国の死亡者数)

1,000,000–1,500,000 [要出典] (連合軍の死亡、負傷、捕虜または失踪)

1918–1922 シムコ・シカクの反乱[6]   ガージャール朝 1,000–5,500
1919 エジプト革命 (1919年)[7]
  エジプト王国 3,000
1919–1923 トルコ革命 [b]   オスマン帝国

  ギリシャ
  アルメニア
  ソビエト連邦

170,500–873,000
1919–2003 イラク・クルド紛争 [c]  

 
  イラク
  クルディスタン王国

139,000–320,000人死亡
1920 フランス・シリア戦争   シリア・アラブ王国

  OETA

5,000
1920 イギリスに対するイラクの反乱[8][9]   イギリス委任統治領メソポタミア 2,050–9,000
1921–1948[l] 委任統治領パレスチナでの宗派紛争   イギリス委任統治領パレスチナ 7,813
1923 Adwanの反乱   トランスヨルダン 100
1924–1927 シリア大反乱 (ドゥルーズ戦争)[10]   大レバノン

 シリア国
  ドゥルーズ派国
  アラウィー派国

8,000–12,000
1925 シェイフ・サイードの反乱   トルコ 15,000–250,500
1930 アララトの反乱[11][12][13][14][15]   トルコ

  アララト共和国

4,500–47,000
1933 Simele虐殺[16] イラク王国 3,000
1934 サウジ・イエメン戦争[17]   サウジアラビア

  イエメン王国

2,100
1935 イマーム・レザー廟の反乱[18]   イラン 151
1935–1936 1935–36年イラクシーア派の反乱 イラク王国 500
1935 1935年ヤジディの反乱 イラク王国 200
1937 デルスィム反乱[19][20]   トルコ 40,000–70,000
1939–1945 第二次世界大戦 (アングロ・イラク戦争、シリア・レバノン戦役及びイギリスとソビエト連邦によるイラン侵攻(イラン進駐)を含む) イラク王国

 イラン
  フランス委任統治領シリア イギリス委任統治領パレスチナ

≈16,000
1946 エジプトの学生暴動[21][22]   エジプト 100–300
1946 1946年イラン危機[e][23][e]   イラン

マハバード共和国
  アゼルバイジャン国民政府

2,000
1948– 中東戦争[f]   エジプト

  全パレスチナ政府
  エジプト
  アラブ連合共和国
  シリア共和国
  バアス党
  ヨルダン
  レバノン
  イスラエル
パレスチナ自治政府

73,000–84,000
1948 Alwaziriのクーデター事件 (イマーム・ヤフヤー王の暗殺)   イエメン王国 4,000–5,000
1948 Al-Wathbahの蜂起 イラク王国 300–400
1952 1952年エジプト革命   エジプト 1,000
1953 1953年イラン・クーデター[24]   イラン 300–800
1954–1960 ジェベル ・アフダル戦争   マスカット・オマーン・スルタン 100–523
1955–1963 キプロスの共同体間の暴力[25]   キプロス 400–600
1956–1960 イエメンとアデンでの宗派間暴力 アデン 1,000
1958 1958年レバノン危機   レバノン 1,300–4,000
1958 7月14日革命 アラブ連邦 100
1959 1959年モスルでの反乱   イラク共和国 2,000–4,000
1962–1970 北イエメン内戦[26][g]   北イエメン

  サウジアラビア
  エジプト

100,000–200,000
1962–1975 ドファール反乱   オマーン 10,000
1963 1963年イラン暴動   イラン 100
1963 ラマダーン革命[27]   イラク 1,000
1963 3月8日革命[28]   アラブ連合共和国

  シリア

820
1963–1967 アデン危機[29] 南アラビア連邦

  南イエメン

2,096
1963 1963年11月イラククーデター   イラク 250
1964 1964ハマー暴動[30][31]   シリア 70–100
1966 1966年シリアクーデター   シリア 400
1969 Al-Wadiah戦争   サウジアラビア

  イエメン人民民主共和国

35
1970–1971 ヨルダン内戦   ヨルダン 2,000–25,000
1974 トルコのキプロス侵攻[32]   キプロス 1,500–5,000
1975–1990 レバノン内戦[33][h]   レバノン 150,000
1976–1979 1970年代のトルコでの政治的暴力[34][35][36]   トルコ 5,000–5,388
1978- クルド・トルコ紛争(1978-現在)[37]   トルコ

イラク領クルディスタン
  イラク

30,000–100,000
1979 イラン革命[38][39]   イラン 3,164–60,000
1979–1980 イラン革命後の国の安定化 [i]   イラン 10,171
1979–1983 サウジアラビア東部の蜂起[40]   サウジアラビア 182–219
1979 アル=ハラム・モスク占拠事件[41]   サウジアラビア 307
1979-1982 シリアでのイスラム主義者の反乱   シリア 40,000+
1980 9月12日クーデター[42][43]   トルコ 127–550
1980 サドルの蜂起   イラク 1,000–30,000
1980–1988 イラン・イラク戦争[44][j]   イラン

  イラク
  クウェート

1,000,000–1,250,000
1986 南イエメン内戦[45]   南イエメン 5,000–12,000
1986 1986年エジプト中央治安部隊暴動[46]   エジプト 107
1986 1986年ダマスカス爆破テロ[47]   シリア 204
1987 イラン巡礼者暴動 (メッカ虐殺)[48]   サウジアラビア 402
1987–1988 アブ・ニダル機関の処刑   レバノン

  シリア

170
1989–1996 イラン・クルド民主党の反乱 (1989–96)   イラン 168-503
1990–1991 湾岸戦争   イラク

  クウェート
  サウジアラビア

40,000–57,000
1991 1991年イラクでの反乱 [49][50]   イラク 50,000–100,000
1994 イエメン内戦
  イエメン 7,000–10,000
1995– サウジアラビアでのイスラム反乱   サウジアラビア 300
1998 砂漠の狐作戦 (イラク飛行禁止地帯)   イラク 2,000
1999 1999年イラクでのシーア派反乱[51]   イラク 100–200
2003–2011 イラク戦争[52][53][54][55][56][57][k]   バアス党政権

  イラク

109,032–650,726

See also: Casualties of the Iraq War

2004 カーミシュリー虐殺 (2004)[58][59]   シリア 30–100
2004–2014 イエメンでのシーア派反乱[60][61][62]   サウジアラビア

  イエメン

8,500–25,000
2004–2015 イラン・PJAK紛争[63]   イラン

イラク領クルディスタン

588–747
2006– ファタハ・ハマス紛争[64][65] パレスチナ自治政府

  ガザ地区

600+
2006– イラン・イスラエル代理戦争   レバノン

  イスラエル

~2000
2007 ナハル・アル=バーリド戦闘   レバノン 480
2008 2008年レバノン紛争   レバノン 105
2009–2015 南イエメン暴動[66]   イエメン 2,100+
2009–2010 イラン選挙抗議[67]   イラン 72–150
2010–2015 イエメンのアルカイダ取り締まり[68][69]   イエメン 3,000+
2011 2011年バーレーン騒乱   バーレーン

  サウジアラビア

100+
2011-2014 エジプト危機 (2011–2014年)[m]   エジプト 5,540+
2011– イエメン危機 (2011–現在)   イエメン 9,000+
2011– シリア内戦[n]   シリア 250,000-470,000+
2011– レバノンに波及したシリア内戦   レバノン ~800
2011– イラン・サウジアラビア代理紛争   サウジアラビア

  イラン

2014- イラク内戦[n]   イラク 73,361+
2015- イエメン内戦
  イエメン

  サウジアラビア

10,000+
2016– 2016年西イラン衝突   イラン

イラク領クルディスタン

74-156
15–16 July 2016 2016年トルコクーデター未遂事件
  トルコ 270-350

死者数の内訳編集

[a].^サウジアラビアの統一 (合計死者数 7,989–8,989+)

リヤドの戦い (1902) – 37人死亡
ディラムの戦い (1903) – 410人死亡
Saudi–Rashidi War (1903–1907) – 2,300+人死亡
アハサーとカティーフの合併 (1913) – 不明
Jarrabの戦い (1915) – 不明
Kanzaanの戦い (1915) – 不明
第一次ナジュド・ヒジャーズ戦争 1918–1919 – 1,392人死亡
クウェート・ナジュド国境戦争 (1921) – 200[70]–800人死亡
1921 イフワーンのイラク襲撃 – 700人死亡
ハーイル征服 – 不明
イフワーンのトランスヨルダン襲撃 1922–1924 – 500[71]-1,500人死亡
第二次ナジュド・ヒジャーズ戦争 (1924–1925) – 450人死亡
イフワーンの反乱 (1927–1930) – 2,000人死亡

[b].^トルコ革命 (合計死者数 170,500–873,000+):

希土戦争 – 70,000[要出典]–400,000 casualties[要検証]
トルコ・フランス戦争 – 40,000 casualties.[要出典]
トルコ・アルメニア戦争 – 60,000–432,500 casualties.[72]
Koçkiri反乱 – 500人死亡[要出典]
Ahmet Anzavurの反乱 – 不明
Kuva-i Inzibatiye反乱– 不明

[c].^イラク・クルド紛争 (合計死者数 138,800-320,100) :

Mahmud Barzanjiの反乱 – 不明
Ahmad Barzanjiの反乱 (1931) – 不明
1943 イラク・クルドの反乱 (1943) – 不明
第一次クルド・イラク戦争 (1961–1970) – 75,000–105,000人死亡[73]
第二次クルド・イラク戦争 (1974–1975) – 9,000人死亡[74]
PUK反乱 (1976–1978) – 800人死亡
イラン・クルド反乱 (1982–1988) – 50,000–198,000人死亡
1991 スレイマニヤ県での蜂起 – 700–2,000人死亡
イラク・クルド内戦 (1994–1997) – 3,000[75]–5,000人死亡
2003年イラク侵攻 – クルド戦線で数百人(~300人)が死亡、 少なくとも24人のペシュメルガが死亡

[d].^第二次世界大戦 (合計死者数 12,338-14,898+) :

アングロ・イラク戦争 – 少なくとも560人が死亡[76][77]
Farhud(ポグロム) 175–780人死亡
シリア・レバノン戦役 10,404–12,964人死亡
イラン進駐 (1941年) 100 – 1,062人死亡
第二次世界大戦でのパレスチナ爆撃 137人死亡[78]
第二次世界大戦でのバーレーン爆撃 – 不明
アゼルバイジャン民主共和国危機 – 421人死亡[79]
マハバード共和国危機 – ~1,000人死亡[要出典]
Civil interregnum – 500人死亡[80]

[f].^中東戦争 (合計死者数 76,338–87,338+):

イスラエル・パレスチナ紛争 (1948–現在) – 23,000人死亡
フェダイーン反乱と報復作戦 (1950年代) – 3,456 casualties
南レバノンでのパレスチナ人の反乱 - 2,600-20,000人死亡
第1次インティファーダ – 2,000人死亡
第2次インティファーダ – 7,000人死亡
ガザ・イスラエル紛争 – 3,500+ 死亡
第一次中東戦争 (1948–1949) – 14,400 casualties.
第二次中東戦争 (1956) – 3,203人死亡
第三次中東戦争 (1967) – 13,976人死亡
消耗戦争 (1967–1970) – 6,403人死亡
第四次中東戦争 (1973) 10,000–21,000人死亡[81]
第二次レバノン戦争 – 1,900人死亡

[g].^北イエメン内戦 (合計死者数 100,000–200,000):

1962年クーデター
ラマダン攻勢
Haradh攻勢
1965年王党派攻勢
サナア包囲 (1967)

[h].^レバノン内戦 (合計死者数 39,132–43,970+):

アイン・ルンマーネ事件 – 27人死亡
百日戦争 – 160人死亡
Karantinaの虐殺 – 1,000–1,500人死亡
Damourの虐殺 – 684人死亡
ホテル戦争 – 700人死亡
ブラック・サタデー (レバノン) – 200–600人死亡
タル・ザータルの虐殺 – 1,778–3,278人死亡
1982年レバノン戦争 – 28,280人死亡
サブラー・シャティーラ事件 – 762–3,500人死亡
キャンプ戦争 (1986–1987) – 3,781人死亡
山岳戦争 – 1,600人死亡
解放戦争 (1989–1990) – 不明
10月13日の虐殺 – 500–700人死亡、民間人260人が虐殺

[i].^イラン革命後の国の安定化 (合計死者数 12,000):

1979 イランでのクルドの反乱 – 10,171+人死亡・処刑[82][83]
1979 フーゼスターンの反乱 – 112+人死亡
1979 ホラーサーンの反乱 – 不明
1979 Azeri反乱 – 不明
1979 バローチスターンの反乱 – 50人死亡
イランアメリカ大使館人質事件 – 9人死亡
1979–1980 テヘラン衝突 – 不明

[j].^イラン・イラク戦争(合計死者数 645,000–823,000+):

イラク侵攻 1980
モジャーヘディーネ・ハルグの反乱 1981–1982
ホッラムシャフル解放戦 1982 – 17,000人死亡
ファトホル=モビーン作戦 1982 – 50,000人死亡
ラマダン作戦 1982 – 80,000人死亡
クルド反乱 1983–1988 (アンファール作戦を含む) 50,000–198,000人死亡
ヴァル・ファジュル作戦 1983 – 6,000+人死亡
第3次ヴァル・ファジュル作戦 – 162,000人死亡
第5次ヴァル・ファジュル作戦 1984 – 50,000人死亡
第6次ヴァル・ファジュル作戦 1984 – 不明
ヘイバル作戦 1984 – 49,000人死亡
タンカー戦争 1984
バドル作戦 – 30,000–32,000人死亡
War of the Cities 1985–1987
第8次ヴァル・ファジュル作戦 1986 – 不明
カルバラ第4号作戦 1986 – 15,000人死亡
カルバラ第5号作戦 – 85,000人死亡
ナスル第4号作戦 – 不明
カルバラ第10号作戦 – 不明
メルサド作戦 (1987年) – 4,900人死亡
1988 イランの政治犯2000人の処刑[84]– 30,000人が処刑
2003年イラク戦争 – 35,000人死亡
イラク反乱 (2003–06) – 15,000人死亡
イラク内戦 2006–2008 – 30,000–40,000人死亡
イラク反乱 (2008–2011) – 5,000–10,000人死亡
アメリカ軍イラク撤退 – ≈1,000人死亡
イラク反乱 (アメリカ軍撤退後) - 54,000+人死亡
イラク内戦 (2014–現在) - 53,361-72,056人死亡

[l].^委任統治領パレスチナでの宗派紛争 (合計死者数 7,813)

1921 ヤッファ暴動 - 95人死亡
嘆きの壁事件 – 251人死亡[85][86]
1933 パレスチナ暴動 – 20人死亡[87]
パレスチナ独立戦争 – 5,000人死亡[88]
パレスチナでのユダヤ人反乱 (1944–47) – イギリス人338人[89]と約100人のパレスチナのユダヤ人が死亡
1947–48 委任統治領パレスチナでの内戦 – 1948年4月1日までに2,009人が死亡[90]

[m].^エジプト危機 (合計死者数 5,000+)

エジプト革命 (2011年) - 846人死亡
シナイ暴動 - 2,800+人死亡

[n].^シリア内戦 (合計死者数 270-450,000)

  • シリア内戦の市民暴動段階 -
  • シリア内戦の初期の反乱段階 -
  • シリア内戦中の反政府間の紛争 - 5,641-6,991人死亡

[o].^イラン・イスラエル代理紛争 (合計死者数 ~2,000)

関連リンク編集

注釈編集

  1. ^ Albert Hourani et al., The Modern Middle East: A Reader. 1993: p. 2.
  2. ^ Statistics Branch, GS, War Department, 25 February 1924; cited in World War I: People, Politics, and Power, published by Britannica Educational Publishing (2010) Page 219.
  3. ^ Totten, Samuel, Paul Robert Bartrop, Steven L. Jacobs (eds.
  4. ^ Poteri narodonaseleniia v XX veke : spravochnik.
  5. ^ James L. Gelvin, The Israel–Palestine Conflict: One Hundred Years of War, Publisher: Cambridge University Press ISBN 978-0-521-61804-5 Page 77
  6. ^ Maria T. O'Shea.
  7. ^ [1] "at least 3,000 Egyptians were killed .
  8. ^ Jonathan Glancey (2003年4月19日). “Our last occupation”. London: Guardian. https://www.theguardian.com/world/2003/apr/19/iraq.arts 2011年2月1日閲覧。 
  9. ^ The Formation of Modern Syria and Iraq, p. 208, - Google ブックス "... the British mentioned a proportion of 1 to 3, that is 2,050 killed and 6,150 wounded, while an Arab version speaks of 4,000 killed and 4,800 wounded."
  10. ^ Twentieth Century Atlas – Death Tolls”. Users.erols.com (2005年7月). 2011年2月1日閲覧。
  11. ^ Yusuf Mazhar, Cumhuriyet, 16 Temmuz 1930, … Zilan harekatında imha edilenlerin sayısı 15,000 kadardır.
  12. ^ Ahmet Kahraman, ibid, p. 211, Karaköse, 14 (Özel muhabirimiz bildiriyor) …
  13. ^ Ayşe Hür, "Osmanlı'dan bugüne Kürtler ve Devlet-4" Archived 2011年2月25日, at the Wayback Machine., Taraf, 23 October 2008, Retrieved 16 August 2010.
  14. ^ M. Kalman, Belge, tanık ve yaşayanlarıyla Ağrı Direnişi 1926–1930, Pêrî Yayınları, İstanbul, 1997, ISBN 975-8245-01-5, p. 105.
  15. ^ "Der Krieg am Ararat" (Telegramm unseres Korrespondenten) Berliner Tageblatt, 3 October 1930, "... die Türken in der Gegend von Zilan 220 Dörfer zerstört und 4500 Frauen und Greise massakriert."
  16. ^ "The purpose of this chapter is not to debate the extent of Assyrian civilian deaths at Summayl; the Assyrians claim 3000, while the British cite the figure as no greater than 300." [2]
  17. ^ Rongxing Guo.
  18. ^ Immortal: A Military History of Iran and Its Armed Forces”. Georgetown University Press (2009年). 2014年8月7日閲覧。
  19. ^ David McDowall, A Modern History of the Kurds, I.B. Tauris, 2002, ISBN 978-1-85043-416-0, p. 209.
  20. ^ http://www.pen-kurd.org/almani/haydar/Dersim-PresseerklC3A4rungEnglish.pdf
  21. ^ Ikhwanweb.
  22. ^ Ahmed Abdalla, The Student Movement and National Politics in Egypt 1923–1973. 2008: pp. 64–77 (1946: The Climax)
  23. ^ CSP – Major Episodes of Political Violence, 1946–2008”. Systemicpeace.org (2013年6月12日). 2014年1月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年11月14日閲覧。
  24. ^ Immortal: A Military History of Iran and Its Armed Forces, p. 140, - Google ブックス. 300 killed
  25. ^ Twentieth Century Atlas – Death Tolls”. Users.erols.com. 2011年2月1日閲覧。
  26. ^ Archived copy”. 2012年3月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年10月15日閲覧。
  27. ^ Political Science, University of Central Arkansas.
  28. ^ Derek Hopwood.
  29. ^ J.E.Peterson, British Counter-Insurgency Campaigns and Iraq.
  30. ^ Seale, Patrick (1989). Asad of Syria: The Struggle for the Middle East. University of California Press. p. 93. ISBN 0-520-06667-7 
  31. ^ Paul, James A. (1990). Human Rights in Syria. Middle East Watch Organization. p. 10 
  32. ^ John J. Mearsheimer (Aug. 1990 Atlantic Monthly). "1,500 to 5,000 killed"
  33. ^ Twentieth Century Atlas – Death Tolls”. Necrometrics.com. 2014年8月7日閲覧。
  34. ^ Gil, Ata.
  35. ^ Devrimci Yol Savunması, Defense of the Revolutionary Path.
  36. ^ "Call to try Turkish coup leaders". Al-Jazeera. Cite webテンプレートでは|access-date=引数が必須です。 (説明)
  37. ^ John Pike. “Kurdistan – Kurdish Conflict”. Globalsecurity.org. 2011年2月1日閲覧。
  38. ^ A Question of Numbers Web: IranianVoice.org 8 August 2003 Rouzegar-Now Cyrus Kadivar
  39. ^ E. Baqi, `Figures for the Dead in the Revolution`, Emruz, 30 July 2003
  40. ^ JAY PETERZELL (1990年9月24日). “The Gulf: Shi'Ites: Poorer Cousins”. http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,971225,00.html 2011年2月1日閲覧。 
  41. ^ “63 Zealots beheaded for seizing Mosque”. Pittsburgh Post-Gazette. (1980年1月10日). https://news.google.com/newspapers?id=wesNAAAAIBAJ&sjid=rG0DAAAAIBAJ&pg=6824,1266876&dq=grand-mosque&hl=en 2010年11月12日閲覧。 
  42. ^ Turkey tries to heal coup detat wounds”. Today's Zaman (2011年1月15日). 2015年12月9日閲覧。 “During this coup 650,000 people were detained, prosecutors demanded the death penalty for 7,000 people, 517 were sentenced to death, and 50 were executed. A further 500 people died in prisons, some under suspicious circumstances, some during torture and others on hunger strikes. Sixteen prisoners were shot while attempting to escape. Official records say 74 others were killed during prison riots”
  43. ^ Call to try Turkish coup leaders”. Al Jazeera. 2015年12月9日閲覧。
  44. ^ Twentieth Century Atlas – Death Tolls”. Users.erols.com. 2011年2月1日閲覧。
  45. ^ Wars and Conflicts of Yemen (1914–present)”. The History Guy. 2011年2月1日閲覧。
  46. ^ Europa Publications Limited, The Middle East & North Africa, Volume 50: p. 303
  47. ^ [3]
  48. ^ K. McLachlan, Iran and the Continuing Crisis in the Persian Gulf.
  49. ^ Lawrence E. Cline.
  50. ^ [4] AlJazeera
  51. ^ Matthew Duss and Peter Juul.
  52. ^ Gamel, Kim (14 April 2009).
  53. ^ Leigh, David (22 October 2010).
  54. ^ Rogers, Simon (23 October 2010).
  55. ^ "Iraq: The War Logs".
  56. ^ Carlstrom, Gregg (22 October 2010; last modified 24 October 2010 (at 21 November 2010)).
  57. ^ Staff writer (23 October 2010).
  58. ^ MidEastWeb.
  59. ^ “Kurdish unrest erupts in Syria”. BBC News. (2005年6月6日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/middle_east/4612993.stm 
  60. ^ Bloody 2009”. Yemen Post (2010年4月10日). 2011年2月1日閲覧。
  61. ^ Armed Conflicts Report – Yemen.
  62. ^ [5] Huthi sources put the number of casualties at 25,000
  63. ^ Mustafa Kibaroğlu,Ayșegül Kibaroğlu "Global Security Watch--Turkey: A Reference Handbook".
  64. ^ Over 600 Palestinians killed in internal clashes since 2006”. Ynetnews.com (2007年6月6日). 2011年2月1日閲覧。
  65. ^ Palestinian Center for Human Rights”. Pchrgaza.org. 2011年2月1日閲覧。
  66. ^ Government casualties (AlJazeera) [6]
    [7]
  67. ^ “Chaos prevails as protesters, police clash in Iranian capital”. CNN. (2009年6月21日). http://edition.cnn.com/2009/WORLD/meast/06/20/iran.election/index.html 
  68. ^ Government casualties AlArabiya
  69. ^ Al-Qaeda casualties: Fox News [8], New York Times [9], Washington Post [10], Ynet News [11]
  70. ^ Political Science.
  71. ^ Noel Joseph Guckian.
  72. ^ Vahakn N. Dadrian. (2003).
  73. ^ Twentieth Century Atlas – Death Tolls”. Users.erols.com. 2014年8月7日閲覧。
  74. ^ http://pards.org/2005/Iraq(Kurds)AtRisk).doc
  75. ^ Jordi Tejel.
  76. ^ Habbaniya War Cemetery”. Commonwealth War Graves Commission. 2010年8月12日閲覧。
  77. ^ Wavell, p. 3438
  78. ^ Maya Zamir, The Day of The bombing Archived 2008-01-12 at the Wayback Machine.
  79. ^ Nat.
  80. ^ Tadeusz Swietochowski, Russia and Azerbaijan: A Borderland in Transition.
  81. ^ "The Yom Kippur War". thenagain.info. Cite webテンプレートでは|access-date=引数が必須です。 (説明)
  82. ^ The History Guy”. 2010年7月26日閲覧。
  83. ^ David McDowall.
  84. ^ Document – Iran: Violations of human rights 1987–1990 | Amnesty International”. Amnesty.org. 2014年6月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年8月7日閲覧。
  85. ^ Great Britain, 1930: Report of the Commission on the disturbances of August 1929, Command paper 3530 (Shaw Commission report), p. 65.
  86. ^ NA 59/8/353/84/867n, 404 Wailing Wall/279 and 280, Archdale Diary and Palestinian Police records.
  87. ^ 29 Oct 1933 – Riots in Palestine SEQUEL TO FORBIDDEN PROCESSIO”. Trove.nla.gov.au (1933年10月29日). 2014年8月7日閲覧。
  88. ^ 200 Years of Conflict: A Very British Century 1910–2010”. David Charles.info (2010年12月31日). 2011年2月1日閲覧。
  89. ^ Benjamin Grob-Fitzgibbon: Imperial Endgame: Britain's Dirty Wars and the End of Empire, p. 100
  90. ^ en:Yoav Gelber, Palestine 1948, Sussex Academic Press, Brighton, 2006, ISBN 978-1-84519-075-0 p.85

外部リンク編集