メインメニューを開く

中東調査会

公益財団法人中東調査会(ちゅうとうちょうさかい、英語: Middle East Institute of Japan)は、日本のシンクタンクである公益財団法人

中東調査会
Middle East Institute of Japan
創立者 小林元
団体種類 公益財団法人
設立 2012年4月1日
所在地 日本の旗 日本
東京都新宿区西新宿七丁目3番1号
三光パークビル5階
法人番号 4011105005359
起源 中東研究会(1956年2月-1960年10月2日)
財団法人中東調査会(1960年10月3日-2012年3月31日)
主要人物 佐々木幹夫(会長)
齋木昭隆(理事長)
浅子清(副理事長)
基本財産 1,000万円(2014年3月31日現在)
ウェブサイト https://www.meij.or.jp/
テンプレートを表示

活動中のものとしては最古の日本中東研究機関である。元外務省中東アフリカ局中東第1課)の所管の財団法人

目次

概要編集

中東諸国の研究や情報収集を行っている。外務省から資料作成を委託されて行う研究グループとして発足し、組織されたものである。

1956年2月、戦時期のイスラーム地域研究を担っていた回教圏研究所の調査部長であった小林元1904年1963年)を中心に創立され[1]、1958年9月には機関誌『中東事情』(現『中東研究』)を発刊した。創立時の役員に前嶋信次山名義鶴がおり、先述の回教圏研究所のほか、満鉄調査部およびその内局である東亜経済調査局の流れを汲むとも言われる。1960年10月に外務大臣所管の財団法人として認可された。

公益法人制度改革により2012年に公益財団法人化し、最初の評議員選定委員会により選任された、外務省出身の浦部和好大臣官房長、須藤隆也中東アフリカ局長のほか、渡辺喜宏元三菱UFJフィナンシャル・グループ専務取締役及び国際問題評論家の北村文夫の4人が、評議員に就任した。2017年齋木昭隆外務事務次官が理事長に就任した[2]

役員編集

歴代役員編集

著名な在籍研究者編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 臼杵陽「戦時下回教研究の遺産」『思想』941(2000年9月)、p.200。
  2. ^ 「沿革」公益財団法人中東調査会

関連項目編集

外部リンク編集