メインメニューを開く
日本 > 東京都 > 板橋区 > 中板橋

中板橋(なかいたばし)は、東京都板橋区町名[4]。丁目の設定がない単独町名である。全域で住居表示が実施されている。郵便番号は173-0016[2]

中板橋
中板橋商店街
中板橋商店街
中板橋の位置(東京23区内)
中板橋
中板橋
中板橋の位置
北緯35度45分22.33秒 東経139度41分46.11秒 / 北緯35.7562028度 東経139.6961417度 / 35.7562028; 139.6961417
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Itabashi, Tokyo.svg 板橋区
地域 板橋地域
面積
 • 合計 0.142km2
人口
2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 • 合計 4,048人
 • 密度 29,000/km2
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
173-0016[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 練馬(2020年度より板橋)

目次

地理編集

板橋区の南東部に位置する。北端で石神井川に接する。北で石神井川を隔てて双葉町、東で栄町、南で仲町、南西で弥生町、北西で石神井川を隔てて常盤台、西で石神井川を隔てて南常盤台と隣接する。南辺を東武東上線が通じている。主に商業地域で、中板橋駅周辺部を中心に商店街を形成しているが、近年はマンションの建設も進められている。

地形編集

  • 武蔵野台地成増台の高台に属する。石神井川北側の双葉町は川に向かって緩い下り勾配をなしているのに対して、南側の中板橋はほぼ平坦である。

河川編集

  • 石神井川:町域北辺を東流する。石神井川並木で知られる。

歴史編集

廃藩置県実施前は武蔵国豊島郡下板橋宿および上板橋村。

沿革編集

  • 1871年明治4年):浦和県(現埼玉県)から東京府に編入。大区小区制実施。
  • 1878年(明治11年):郡区町村編制法により北豊島郡が設置され、東京府北豊島郡下板橋宿および上板橋村となる。
  • 1889年(明治22年)4月1日:市制町村制施行により、東京府北豊島郡板橋町大字下板橋となる。
  • 1914年大正3年):東上鉄道開通。当地に駅は設置されなかった。
  • 1926年(大正15年):東武鉄道が東武東上線に中板橋仮停留所を設置、夏期のみ営業を行う。翌年以降も板橋遊泉園入場客の便宜を図るため、1932年まで毎年夏期に仮停留所が開設される。
  • 1927年昭和2年):板橋遊泉園が開設される。
  • 1932年(昭和7年)10月1日:東京府内市郡併合による板橋区発足に伴い、東京府東京市板橋区(旧)板橋町九丁目および(旧)上板橋町一丁目となる。(1943年8月1日 東京都制施行)
  • 1933年(昭和8年)7月12日:東武東上線中板橋仮停留所が停車場に昇格、中板橋駅として開業。
  • 1937年(昭和12年)ごろ:板橋遊泉園が閉鎖される。
  • 1945年(昭和20年):よしや食料品店創業。
  • 1957年(昭和32年)5月1日:地番整理により、(旧)板橋町九丁目の一部地域と(旧)上板橋町一丁目の一部地域が中板橋に再編される。

地名の由来編集

東武鉄道が駅(当初は仮停留所)を開設する際、上板橋宿と下板橋宿の中間にあるため「中板橋」と命名したことに由来する[5]。中板橋という名の宿場・町村は歴史上存在していない。

世帯数と人口編集

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

町丁 世帯数 人口
中板橋 2,449世帯 4,048人

小・中学校の学区編集

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[6]

番地 小学校 中学校
1~23番
25~27番
板橋区立中根橋小学校 板橋区立板橋第三中学校
24番
28~31番
板橋区立上板橋第一中学校

交通編集

 
中板橋駅北口。

鉄道編集

  • 東武鉄道
  • ホームの大部分と跨線橋部分が町域内に設置されているが、駅舎は南口・北口とも弥生町である。

バス編集

  • 当町域には路線バス系統および停留所は存在しない。「中板橋駅入口」停留所(双葉町・富士見町の環七通りに設置。国際興業バス関東バス赤31系統、都営バス王78系統)から当町域までは、石神井川を渡り、徒歩5~15分程度かかる。また、国際興業バス赤51系統では、仲町停留所において東武東上線中板橋駅乗り換えと案内されている。

道路編集

  • 中板橋駅前通り

施設編集

  • 中板橋児童館
  • 中板橋郵便局
  • 中板橋イプセンスタジオ
  • よしや本店

過去に存在した施設編集

  • 板橋遊泉園:現在の中板橋30~31番地付近に開設されていた、石神井川の水を引き込んだ25m×50mプール施設。1932年(昭和7年)開園、1937年ごろ閉鎖。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 町丁目別世帯数・人口表”. 板橋区 (2017年12月1日). 2017年12月11日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月11日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月11日閲覧。
  4. ^ 板橋区教育委員会『いたばしの地名』、1995年3月、P127。
  5. ^ 「中板橋」駅のプロフィール - 東武鉄道
  6. ^ 板橋区立小中学校通学区域・小学校隣接校案内”. 板橋区 (2017年7月31日). 2017年12月11日閲覧。

外部リンク編集