中核派書記長内ゲバ殺人事件

中核派書記長内ゲバ殺人事件(ちゅうかくはしょきちょううちゲバさつじんじけん)とは、1975年(昭和50年)3月14日埼玉県川口市革命的共産主義者同盟全国委員会(以下、中核派)書記長本多延嘉が、日本革命的共産主義者同盟革命的マルクス主義派(革マル派)よって殺害された内ゲバ殺人事件である[1]

中核派書記長内ゲバ殺人事件
場所 埼玉県川口市東川口
日付 1975年昭和50年)3月14日
午前3時30分頃 (日本標準時)
概要 中核派書記長が殺害された事件
攻撃側人数 15~16
武器 鉄パイプ
死亡者 1
犯人 革マル派
テンプレートを表示

事件の経過編集

1975年(昭和50年)3月14日午前6時過ぎ、埼玉県川口市戸塚(現東川口)の男性から「午前3時30分頃、アパート2階でいざこざがあったようで、気になって午前6時ごろ行ってみたら、ガラス戸が破壊され、部屋には血が飛び散り男の人が死んでいる」との110番通報があった[1]

埼玉県警の捜査によると、アパートは3畳と4畳半の二間で、男は入口に近い3畳間で丸首シャツ、パンツ姿のまま死んでいた。一方、同日早朝、警視庁記者クラブに若い男から「中核派書記長本多延嘉を東川口のアパートで襲った。これは革マル派政治局員が襲われたこと[注釈 1]に対するわれわれの回答だ」と電話があり、指紋と本多の弟が身元を確認したことなどから、アジトで就寝中の中核派書記長本多延嘉が革マル派の襲撃を受け、鉄パイプハンマー等で全身を滅多打ちにされ、頭蓋骨骨折脳内出血により死亡したことが判明した[1][2][3]

通報した男性は、県警の事情聴取に対し「午前3時30分頃、アパートで騒ぐ音がしたので2階に行ってみたところ、15~16人くらいの男がいて、その中の2~3人はストッキングをかぶっていた。男の一人から、『お前は関係ない、引っ込んでいろ』と言われたので、そのまま自分の部屋に帰った」と話した[4]。アパートの住民らは警察に知らせようとしたが、電話が通じなかったという。鳩ヶ谷電話局が調べたところ、現場近くの電話線が3か所切断されており、不通になっていた。また、襲撃された部屋は本多とは別の第三者名義で賃借されていた[2][3]

同日夕方、革マル派は解放社(公然拠点)で記者会見を開き、革マル派全学連委員長土門肇が次の声明を読み上げた[5]

今朝、わが全学連戦士たちは、反革命の頭目、本多延嘉に対して、階級的怒りの鉄槌を振りおろしました。これは、産別戦争と称して、無差別無制限のテロを労働者に加えるという、世界革命史上、前古未曽有の反革命集団に対して振りおろした怒りの鉄槌であります。

わが全学連の戦士たちは、午前0時40分に本多が東川口の戸塚荘というアパートに、防衛隊と車で帰ってくるところから補足していました。そして、わが戦士たちに本多が面と向かったときに、彼が発した唯一のことばは、“人殺し、人殺し”と叫ぶことでしかないという、革命家として未熟な態度を示したのです。“完全せん滅”のことばのもとに、殺人を賞揚していた男が、本質的には小心者で、自分では殺人なんかできない男であることを、わが戦士に対する対応の中でバクロしたのです。

我々は血を血であがなう戦いをよしとするものではありません。本多に対して鉄槌を加えたのも、殺害が目的ではありませんでした。彼が死に至ったのは、全学連戦士の燃えたぎる階級的怒りが、鉄槌の一ふり一ふりにおいて表現されたことの結果であるということです[5]

東京教育大学生リンチ殺人事件以降、革マル派は内ゲバ専門部隊「全学連特別行動隊 (JAC) 」を創設し、内ゲバを強化した。一方、中核派は「二重対峙・対カクマル戦」の方針を策定し、革マル派に「宣戦布告」をし、双方による内ゲバ抗争を繰り返していた[4]

革マル派は1972年(昭和47年)の「内ゲバ勝利宣言」に続き、1975年(昭和50年)3月28日、「中核派解体闘争における勝利を最終的に確認」したとして、「内ゲバ停止宣言」を発表したが、これより前の3月17日、中核派は「革マル派に対する無差別報復」を宣言し、1975年(昭和50年)だけで14人の革マル派活動家を殺害した[4]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 同年3月6日、革マル派機関紙『解放』発行責任者堀内利昭(活動名:難波力)が中核派に殺害された事件[2]

出典編集

  1. ^ a b c 事件簿40年史 2001, pp. 70–71.
  2. ^ a b c 「中核書記長殺される 革マル派川口のアパート襲う」『読売新聞 夕刊』、1975年3月14日、9面。
  3. ^ a b 「中核派書記長殺される アパートでめった打ち 革マル名乗る若い男「みせしめ」と電話」『朝日新聞 夕刊』、1975年3月14日、9面。
  4. ^ a b c 事件簿40年史 2001, pp. 71–72.
  5. ^ a b 立花隆 1983, pp. 21–27.

参考文献編集

  • 立花隆中核VS革マル』上、講談社〈講談社文庫〉、1983年1月15日。ISBN 9784061341838
  • 『過激派事件簿40年史』立花書房〈別冊治安フォーラム〉、2001年8月、70–72。ISBN 9784803714081

関連項目編集