メインメニューを開く

中江 要介(なかえ ようすけ 1922年12月30日 - 2014年3月6日)は、日本外交官。駐中華人民共和国大使などを務めた。

人物編集

1922年大正11年)、大阪府生まれ。旧制第三高等学校京都大学法学部卒業[1]チャイナ・スクールと誤解されることが多いが、実際はフランス語研修を受けたフレンチ・スクールで、条約局と国連外交が長い。

演劇青年で学徒動員の経験をもち、「霞完(かすみ かん)」のペンネームバレエの台本を執筆しており、『いのち』は東京ベオグラードにおいて、『動と静』は東京とカイロにおいて、『蕩々たる一衣帯水』は東京と北京において、それぞれ上演された[1]。著書に『中国の行方-残された社会主義大国』『日中外交の証言』、自伝的なエッセイ集として『らしくない大使のお話』があり、みずからの人生を振り返りつつ、数々の外交秘話を紹介している[1]

2014年3月6日、老衰のため死去。91歳没。

経歴編集

  • 1947年京都大学法学部卒、外務省入省。
  • 1952年5月 在フランス大使館
  • 1954年8月 条約局
  • 1958年11月 在ブラジル大使館
  • 1961年8月 国連代表部
  • 1964年5月 条約局法規課長
  • 1967年8月 在ヴェトナム大使館公使
  • 1969年5月 在フランス大使館公使(ユネスコ常駐代表)
  • 1971年8月 アジア局外務参事官
  • 1974年3月 アジア局次長
  • 1975年9月 アジア局長
  • 1978年11月 駐ユーゴスラヴィア特命全権大使
  • 1982年7月 駐エジプト特命全権大使(南イエメン兼轄)
  • 1984年6月 駐中華人民共和国特命全権大使
  • 1987年10月 原子力委員会委員
  • 2014年3月6日 老衰のため死去[2][3]。91歳没。没後、従三位に追叙された[4]

著書編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 中江(1993)
  2. ^ 中江要介氏が死去 元駐中国大使 日本経済新聞 2014年3月7日
  3. ^ (日本語) 中江要介氏死去(元中国大使)”. 時事ドットコム (2014年3月7日). 2014年3月10日閲覧。
  4. ^ 『官報』第6269号(平成26年4月14日付)8頁

参考文献編集

  • 中江要介『らしくない大使のお話』読売新聞社、1993年2月。ISBN 4-643-93007-1