メインメニューを開く

中津市立豊田小学校(なかつしりつとよだしょうがっこう)は、大分県中津市島田にある小学校

中津市立豊田小学校
過去の名称 島田小学校
島田尋常小学校
豊田尋常小学校
中津市豊田尋常高等小学校
中津市豊田国民学校
国公私立の別 公立学校
設置者 中津市
設立年月日 1872年4月1日
共学・別学 男女共学
学期 3学期制
所在地 871-0033
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

目次

概要編集

中津市の中心部に位置しており、校区内には中津市役所や中津文化会館がある。当校の通学区域は全域が中津市立豊陽中学校の通学区域となっており[1]、当校卒業後はほとんどの生徒が豊陽中学校へ進学する。

1872年明治5年)4月1日に開校した、中津市内最初の小学校である。[要出典]ただし、学校としては、1871年(明治4年)に開校した中津市学校がより古い[2]

沿革編集

  • 1872年(明治5年)4月1日 - 島田小学校開校[3]
  • 1874年(明治7年)3月 - 島田、宮永の下等小学校に分立。
  • 1882年(明治15年)9月 - 島田宮永の初等小学校と改称。
  • 1887年(明治20年)4月 - 島田尋常小学校と改称。
  • 1896年(明治29年)4月1日 - 豊田尋常小学校と改称。
  • 1910年(明治43年) - 高等科を併置。
  • 1922年大正11年) - 運動場新設。
  • 1925年(大正14年) - 豊田村が中津町に合併。
  • 1929年昭和4年) - 中津町が市制施行して中津市となり、中津市豊田尋常高等小学校と改称。
  • 1933年(昭和8年) - 本館新築。
  • 1934年(昭和9年) - 高等科分離。
  • 1941年(昭和16年) - 中津市豊田国民学校と改称。
  • 1947年(昭和22年) - 中津市立豊田小学校と改称。
  • 1953年(昭和28年)5月 - 2階建校舎1棟4教室増築。
  • 1954年(昭和29年)9月 - 2階建校舎1棟4教室及び平屋建音楽室増築。
  • 1956年(昭和31年)6月 - 2階建2教室増築及び理科室・2階建4教室・給食室・水飲み場移転。便所12坪非常階段新築。
  • 1957年(昭和32年)2月 - 鉄筋3階建校舎1棟6教室新設。
  • 1958年(昭和33年)8月 - 旧校舎6教室取り壊し。
  • 1957年(昭和39年)8月 - 25mプール新設。
  • 1971年(昭和46年) - 開校100周年。
  • 1973年(昭和48年) - 体育館新築・本館管理棟完成。
  • 1977年(昭和52年) - 校門完成。
  • 1982年(昭和57年) - 中津市立沖代小学校分離。
  • 1986年(昭和61年) - 中校舎附設旧トイレ撤去・運動場東旧便所撤去。
  • 1990年平成2年) - 運動場全面改修。
  • 1991年(平成3年)6月23日 - 開校120周年記念式典・祝賀会挙行。
  • 1994年(平成6年) - 東校舎撤去、給食調理場廃止(給食センター化)。
  • 1995年(平成7年)5月 - 「豊田ふれあいの森」完成。
  • 1996年(平成8年) - 中校舎取り壊し。中校舎新築。
  • 2012年(平成24年)1月 - 北校舎建替え。

歴代校長編集

学校の特徴編集

  • 校舎のすぐ隣に中央公園があるため、持久走大会が公園のグラウンドやランニングコースを使用している。[要出典]
  • 市内中心部に立地するため、交通量の多い道路に囲まれている。そのため隣接する道路には2カ所歩道橋(校区内には3カ所)がある。[要出典]

通学区域編集

  • 中津市
    • 上宮永・下宮永・豊田町・栄町・東本町・中殿町・島田本町・島田仲町・日の出町・宮島町・蛭子町(蛭子町三丁目を除く。)・天神町・新天神町・丸山町・蛎瀬の一部・古金谷の一部・高瀬の一部[1]

進学先中学校編集

関連項目編集

学校周辺編集

著名な出身者編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 中津市立小・中学校通学区域設定規則
  2. ^ 中津市学校は現在の中津市立南部小学校の校地にあった学校であるが、南部小学校自体は、中津市学校ではなく、1876年(明治9年)8月に開校した進修校を前身とする[1]
  3. ^ 本校沿革の概要 (PDF) 中津市立豊田小学校
  4. ^ 豊田小学校だより №1 平成28年4月16日 (PDF)”. 中津市立豊田小学校 (2016年4月16日). 2018年5月3日閲覧。

外部リンク編集