中津村(なかつむら)は、1955年昭和30年)まで愛媛県上浮穴郡にあったであり、現在の上浮穴郡久万高原町の東部にあたる。面河川流域の純山村。

なかつむら
中津村
廃止日 1955年3月31日
廃止理由 合併
仕七川村弘形村・中津村(一部)→美川村
現在の自治体 久万高原町
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 四国地方
中国・四国地方
都道府県 愛媛県
上浮穴郡
団体コード 消滅時制度なし
隣接自治体 仕七川村・柳谷村・弘形村・高知県仁淀村・吾川村
中津村役場
所在地 制度なし
愛媛県上浮穴郡中津村大字黒藤川
 表示 ウィキプロジェクト

地理編集

現在の久万高原町の東部。四国山地の中、面河川の左岸。高知県境と接する。面河川の流れほぼに沿って、沢渡(さわたり)、黒藤川(くろふじがわ)、久主(くす)の順で、面河川の左岸の山肌に集落が点在している。

地名の由来
中津明神山にちなむ。

歴史編集

藩政期

明治以降

  • 1889年明治22年) 成立。
  • 1875年(明治8年) 宮成学校開設、後の黒藤川小学校
  • 1875年(明治8年) 久主学校開設、後の中津小学校
  • 1887年(明治20年)頃 予土横断道路が隣の柳谷村まで開設。面河川を渡る渡船があった。
  • 大正期   面河川に吊橋が架けられていた。
  • 1947年昭和22年) 村立黒藤川中学校、村立久主中学校開設
  • 1955年(昭和30年) 合併により美川村となる。
中津村の系譜
                       (昭和30年3月31日)
(町村制実施以前の村) 町村制      ┏━━ 大字中津は柳谷村に区域変更
黒藤川 ━━┓     施行時      ┃ 
久主  ━━┣━━━━━ 中津村   ━━━┫   (昭和30年3月31日合併)
沢渡  ━━┛              ┣━━━━ 美川村 
                      ┃
             仕七川村 ━━━━┫
                                          ┃
             弘形村 ━━━━━┛
(注)美川村になって以降、及び仕七川村ほかの成立前の系譜はそれぞれの記事を参照のこと。

地域編集

黒藤川、久主(くす)、沢渡の3つの大字があった。いずれも明治の村制発足前からの旧村である。昭和期に分割、合併して一部が柳谷村になってから、大字黒藤川の一部と大字久主が合体して「大字中津」となった。さらに平成の合併により、久万高原町になってからは町内全域について地名表記に「大字」は付けなくなった。

役場は大字黒藤川においた。

行政編集

役場   大字黒藤川においた。

産業編集

米、麦、いも類、三椏などを産し、養蚕も営まれた。

交通編集

予土横断道路(今日の国道33号)が対岸の柳谷村を貫通していた。

鉄道等はない。

関連項目編集