メインメニューを開く

株式会社中田商店(なかたしょうてん)は東京都台東区アメヤ横丁にある主に軍装品、革製品などを扱うミリタリーショップ。代表者は中田忠夫(1927~2019)(平成31年3月27日逝去91歳)。

概要編集

創業は1956年、1960年4月の貿易自由化を迎え、以前から銀座の露店の頃から扱っていた電気カミソリや万年筆等、紳士小物とともに一番売れていたのが輸入玩具ヒューブレイのモデルガン、最盛期には8台のリヤカー部隊を組織して販売していた。1962年六人部登氏と共にNAKATA製の日本初のモデルガン製作を本格的に企画開始ハドソン・国際産業・CMCに製作を提案、LUGER P-08.WALTHER P-38.TOKAPEBA TT-33等次々とヒット商品を企画販売した。日本のモデルガン業界の草分けともいえる。

1970年代のモデルガンの法規制によりモデルガンからサープラス物に力を入れ1975年のヴェトナム戦争の終結を迎える。当時米軍の補給基地があった沖縄でジャングルファティーグ100,000枚を払い下げで購入、アメ横店で販売すると当時の若者に大ヒットした。1980年代になるとフライトジャケットブームがあり1985年公開のTOP GUNのヒットと共に1986年にはALPHA社のMA-1のBLACKが大ヒット、入荷発売日にはアメ横店の前に200人以上の若者が行列を作って並び10時の開店と共に12時には1,000枚のMA-1が完売するという伝説を作った。

現代ではALPHA ,AVIREX,HOUSTONの米軍タイプのミリタリージャケットや台湾のJ-TECHのバック,ポーランドのHELIKONTEXロシア スプラフのアウトドア系ミリタリー衣料も販売している。

中田忠夫氏の着眼点は10年20年30年と販売できるような高機能、高品質のものを安く提供していくというポリシーが、こんにちの基礎を築いているのではないだろうか。(一部コンバット、PXマガジンワールドフォトプレスより抜粋)


創業者の中田忠夫氏は1927年(昭和2年)山口県熊毛郡平生町堅ヶ浜にて兼業農家の中田幸槌・そめ夫妻の三男として誕生、1940年(昭和15年)山口県立柳井商業学校へ進学し柔道部に籍を置いていた。16歳の時(昭和19年)に上京し中野区大和町に住み専門学校への手続きを済ませるが9月になると東京は連日のように警戒警報が鳴り身近に第二次世界大戦を体験、志願の徴兵検査においては近眼の為に不合格で兵役に進めなかった。勤労動員で愛知県の中島飛行機で海軍の攻撃機[天山]偵察機の[彩雲]等の製造に携わったこともある。B-29爆撃機の夜間の空襲により悲惨な状況を目の当りにし、1945年2月(昭和20年)に、新聞広告を見て華北交通、開封鉄路局へ入社、希望を抱いて大陸へ渡るも1か月後の8月15日に終戦の日を中国で迎えそのまま残留、徐州での最後の民間人引揚団体に加わり1946年4月博多港に引き揚げ、戦後の混乱の中で5月広島駅前マーケットで旧日本軍の軍服の売買を開始する。同年8月に上京、広島で仕入れた軍服を東京で売買開始、1947年旧日本軍だけではなく進駐軍の横流れ品も扱うようになった。広島県呉市に進駐してきたオーストラリア軍のKIWIの靴クリームなども販売した。1950年朝鮮戦争勃発。1951年頃までは広島と東京での商売が半々の生活であった。1952年9月1日から銀座で露天商を開始、本格的な東京進出である。1956年にアメ横に1坪の店を構える。リヤカーから店舗での営業を開始し1962年現在地に移転した。

氏の最大の目標は『戦争防止』その為の正確な記録を残す戦争博物館の設立を目標に軍用品のビジネスを開始、平和を願うための証として収集した軍装品は世界有数の物となっている...

大日本帝国陸軍大日本帝国海軍軍服などの軍装品の他アメリカ軍、ヨーロッパ諸国、中国などの各種ミリタリーグッズの実物の現用品、デッドストック、複製品などを主に扱う。革ジャンなどの革製品やスカジャンなども扱っている。ミリタリーファッションでは日本随一という声もある[1]

アメ横店のほか、御徒町店がある。御徒町店の二階は、資料館となっていて、戦時中に使われた軍服・軍装品の実物や複製品が数多く展示されており、一般に公開されている。展示されている資料の横では時間帯によっては販売用の複製品が実際に製作されていることもあり、見学することもできる。(2009年10月現在は倉庫として使用されており資料展示は行われていないので要注意)。

その他に全国にいくつかの提携店があり、中田商店の扱う商品を販売している。 大日本帝国陸軍大日本帝国海軍軍服の複製品を多く扱う一方で、朝鮮人民軍の軍服の複製品を製作したこともあり、多くの劇場・テレビ映像作品に衣装として使用されている。

店舗編集

アメ横店
東京都台東区上野6-4-10
米軍の払い下げ品が中心で、ミリタリー風のシャツ(新品)やバッジ・ステッカー、旧日本軍の企画品、また軍用のフライトジャケットやライダース、ブーツ等の実用品が多い。アメ横の目立つ所にあるため土産物屋としての趣が強いが、国内・国外のミリタリーマニアの聖地でもある。
御徒町店
東京都台東区上野6-2-14
各国の軍装品の実物、払い下げ品、複製品が中心。マニア向けの品揃えで、アメ横からはやや離れた所にある。

提携店編集

札幌キャプテントム

札幌市中央区南2条西1丁目6-5

ミリタリーショップ スワット

福岡市中央区今泉2-3-19

映像作品への協力編集

中田商店が協力、提供した映像作品は数知れない。中田忠夫が自ら史料を入手し、時には旧満州などの海外にあった工場に調査に行くこともあった。
また中田商店が1973年に出版した『大日本帝国陸海軍 軍装と装備』という書籍はテレビ、映画、舞台などの時代考証には必携のものとなっている。 同書は一時期絶版で入手困難になっていたが、2009年5月に復刻され、同社の店頭およびネット通販で購入することができる。また、映像作品に登場する衣装や小道具も中田商店製のものが広く使われている。

近年の代表的な協力作品編集

関連文献編集

  • 『歴史群像 No,42 MAY,2000』(学研、2000年5月)148-153頁

中田忠夫のインタビューが掲載されている。同インタビューの中で人生の最大の目標は「この世から戦争をなくすことを訴えるための<<戦争博物館>>の設立」だと述べている。実際、中田商店のカタログでは商品広告のページを削ってまで戦時中の衣料や日用品の写真が掲載されている。

  • 『ラジオライフ別冊 裏モノの本』(三才ブックス、1990年10月)100-105頁

戦争博物館のために収集された軍服や無可動実銃、スクラップから再生された戦車装甲車などの膨大なコレクションが紹介されている。

  • COMBAT (コンバットマガジン) 2017年8月号 P4-P9 中田忠夫・小林太三『あの頃を語る』モデルガンの草創期を語っている。
  • Mil Suma No.8 (2016 JAN)P31-P37 ジャングルファティーグを10万着買った男 中田忠夫 東京アメ横中田商店のレジェンド、中田忠夫氏に聞く
  • 『各国 軍装 装備品』   中田商店/制作    編集者/中田忠夫 昭和50年9月27日第一刷発売/株式会社白金書房
  • 『大日本帝国陸海軍 軍装と装備』明治・大正・昭和  制作/中田忠夫 監修/宇都宮直賢・寺田近雄・山本親雄 株式会社潮書房
  • 『大日本帝国陸海軍 軍装と装備』明治・大正・昭和 2 制作・監修/中田忠夫 発行/株式会社池宮商会 

出典・脚注編集

  1. ^ 服を着るならこんなふうに 第20話

外部リンク編集