中田章

中田 章(なかだ あきら、1886年(明治19年)7月8日 - 1931年(昭和6年)11月27日)は日本作曲家オルガニスト東京都出身で高嶺秀夫の奨めによって東京音楽学校に進み[1]、甲種師範科及び研究科卒業。東京音楽学校教授として音楽理論、オルガンを教えた。また、大韓帝国皇太子に唱歌を教授する。1929年大礼記念章を受章。父は旧会津藩[2]。妻は奥村土牛の従姉で、作曲家の中田一次は次男、中田喜直は三男[2]会津会会員。

中田 章
Nakada Akira.jpg
基本情報
生誕 (1886-07-08) 1886年7月8日
死没 (1931-11-27) 1931年11月27日(45歳没)
学歴 東京音楽学校
ジャンル クラシック音楽
職業 作曲家
オルガニスト

目次

主な作品編集

著書編集

  • 和声学問題集

出典編集

  1. ^ 『会津会雑誌四十号』「死亡会員略伝 中田章君」
  2. ^ a b 牛山(2009)、18頁

参考文献編集

外部リンク編集