中田薫 (法学者)

中田薫

中田 薫(なかだ かおる、1877年3月1日 - 1967年11月21日)は、山梨県甲府市出身の法学者。専門は日本法制史

人物編集

第二高等学校をへて、1900年、東京帝国大学法科大学政治学科卒業。同大学院に入学し、1902年から東京帝国大学法科大学助教授、ヨーロッパに留学し、1911年教授、1937年までつとめた。1925年帝国学士院会員[1]。1946年に文化勲章貴族院議員[2]、1951年に文化功労者

それまでの有職故実の流れを汲む法制研究に、外国との比較をする新しい方法を取り入れる。『徳川時代の文学に見えたる私法』は広く読まれている。門下に東大中世史の礎となる石井良助、唐令研究で名高い仁井田陞がいる。古代史・中世史研究家の石母田正にも大きな影響を与えた。(「石母田正 戦後歴史学の思想」法政大学出版局 1977年 三先生のこと)。

主な著書編集

  • 『徳川時代の文学と私法』(半狂堂、1923年)
  • 『徳川時代ノ文学ニ見エタル私法』 明治堂書店 1925 のち岩波文庫
  • 『法制史論集』(全4巻) (岩波書店、1926-1964年)
  • 『西洋法制史』 文信社 1928
  • 『日本公法法制史』 啓明社 1932
  • 『獨逸法制史』 啓明社 1933
  • 『日本私法々制史』 東京プリント刊行会 1936-37
  • 『仏蘭西法制史』 文精社 1936
  • 『庄園の研究』(彰考書店、1948年)
  • 『村及び入会の研究』(岩波書店、1949年)
  • 『古代日韓交渉史断片考』(創文社、1956年)
  • 『日本法制史講義』(創文社、1983年)

脚注編集