メインメニューを開く

中白根山(なかしらねさん)は赤石山脈(南アルプス)北部にある標高3,055mである。北岳間ノ岳の間に位置する。中白根及び中白峰とも呼ばれる。中白峰の命名者は、1908年明治41年)7月26日に登頂[1] した小島烏水である。[2]

中白根山
Mt.Nakashirane 03.jpg
北岳山荘付近から見た中白根山 (2007年8月撮影)
標高 3,055 m
所在地 日本の旗 日本
山梨県南アルプス市
位置 北緯35度39分31秒
東経138度13分41秒
座標: 北緯35度39分31秒 東経138度13分41秒
山系 赤石山脈
種類 隆起
中白根山の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

周辺の山編集

南側の間ノ岳まで標高3,000mを越える稜線が続く。山頂のすぐ東側に登山道がある。早川支流である野呂川(その清支流の左俣沢と右俣沢)及び荒川(その支流の北沢)の源流の山である。[3] 

山容 名称 標高m 三角点 中白根山との
距離km
備考
  北岳 3,193  三等
(3,192.18m)
 2.0 日本百名山
  中白根山 3,055  0 (中白峰)
  間ノ岳 3,189.13  三等[4]  1.4 日本百名山
  農鳥岳 3,025.90  二等  4.2 日本二百名山

周辺の山小屋編集

関連画像編集

中白根山からの眺望編集