メインメニューを開く

中禅寺(ちゅうぜんじ)は、長野県上田市前山にある真言宗智山派の寺院。平安時代末期から鎌倉時代初期頃の建立とされる薬師堂重要文化財に指定されている。  

目次

歴史編集

伝承によれば、天長年間(824年834年空海(弘法大師)が雨乞い祈祷のため、草庵を結んだという。源頼朝や塩田北条氏等の庇護を受け栄えるが、永享年間(1429年1441年)、寛文5年(1665年)、享保5年(1720年)と度重なる火災に遭い諸堂を焼失、享保19年(1734年)祐精法印が中興し現在の本堂が建立された。

文化財編集

重要文化財編集

長野県宝編集

  • 金剛力士立像

上田市指定文化財編集

  • 中禅寺石造五輪塔

参考資料編集

  • 『郷土の文化財古建築』上田市立博物館
  • 『上田地方の古代中世の神社と寺院』上田市立信濃国分寺資料館
  • 『探訪 信州の古寺 天台宗・真言宗』1996年 郷土出版社

脚注編集