中綱湖(なかつなこ)は、長野県大町市北部にある仁科三湖の中間に位置し、最小の面積の湖である。

中綱湖
中綱湖 - panoramio (1).jpg
所在地 長野県大町市
位置
周囲長 2.20 km
最大水深 12.0 m
平均水深 5.7 m
貯水量 0.0008 km3
水面の標高 815 m
成因 構造湖(断層湖)
淡水・汽水 淡水
湖沼型 中栄養湖
透明度 4 m
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示

目次

データ編集

  • 面積:0.14km2
  • 最大水深:12m
  • 周囲:2,200m

地理編集

 
青木湖(上)と中綱湖(左下)
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

糸魚川静岡構造線による地溝上に出来た構造湖で、西側には北アルプスが控えている。 流入河川は青木湖から流出する農具川であり、そのまま流出河川となり木崎湖へ注ぐ。

周辺編集

観光編集

コイフナ類、およびワカサギ釣り目当ての観光客が多いが、中でもヘラブナ釣りが有名である。

その他編集

  • 小さい湖であるため水質汚染が起こりやすい。近年は水質保全活動により水質は比較的安定している。
  • 近年ブラックバス類の定着が問題となりつつある。

関連項目編集

外部リンク編集