メインメニューを開く

中 義勝(なか よしかつ、1921年8月25日 - 1993年10月28日)は大阪府出身の法学者。専門は刑法1946年昭和21年)、関西大学法文学部卒業後、同大学法学部教授学長。恩師は植田重正

目次

人物編集

出世作は『輓近錯誤理論の問題点』。『間接正犯』では、安易に間接正犯を認める通説を厳しく批判した。『誤想防衛論』では、団藤説を厳しく批判した。

主観的違法要素と間接正犯を巡る中=中山論争は有名。『刑法上の諸問題』は重要な論文集。教科書として『講述犯罪総論』がある。

生涯編集

著書編集

  • 『輓近錯誤理論の問題点』(1958年
  • 『間接正犯』(1963年
  • 『誤想防衛論』(1971年
  • 『刑法各論』(1975年
  • 『講述犯罪総論』(1980年
  • 『刑法上の諸問題』(1991年

関連項目編集