中華帝国(ちゅうかていこく)また中華王朝(ちゅうかおうちょう)とは、以下二つの意味を指す:

北宋の位置関係
南宋の位置関係

宋王朝の特殊性編集

漢民族の北宋は遊牧民族西夏に対して多額の歳幣を支払っていた。北宋はを利用して遼を倒したが、金のほうが上手であった。それに、漢民族が建てた宋は弱かったものの正統的な中華王朝にされ、軍事力は強かったが、契丹女真など異民族が建てた国は正統では無いと認識されている。遼を滅ぼした両国は対立し、宋は首都開封を失ったものの江南で抵抗し続け、宋金戦争という。

脚注編集

  1. ^ [1]NHK高校講座世界史第6回 中華帝国の形成、監修:佐川英治
  2. ^ 世界大百科事典「東アジア」平凡社、コトバンク(朝日新聞社)
  3. ^ 檀上寛 『天下と天朝の中国史』〈岩波新書〉2016年8月19日、P1〜5頁。