中華民国の行政区分

中華民国行政区分(ちゅうかみんこくのぎょうせいくぶん)は、時期により大きく制度に相違点があるため、下記の各項目にて解説する。

  1. 南京臨時政府の行政区分 - 辛亥革命から北京政府成立までの行政区画。各省の軍政府を含む。
  2. 北京政府の行政区分 - 北京政府時代の行政区分。
  3. 南京国民政府の行政区分 - 南京国民政府蒋介石政権)時代の行政区分。なお、1949年中華民国政府遷台後も、中華民国政府は政府の公資料に2006年まで掲載いていた。
  4. 汪兆銘政権の行政区分 - 汪兆銘政権の行政区分。
  5. 台湾の行政区分 - 台湾地区(中華民国政府遷台以降も中華民国が実効支配している地域)の行政区分。