National Emblem of the Republic of China.svg
中華民国政治関連項目

中華民国の政治
中華民国憲法
中華民国憲法増修条文

総統蔡英文
副総統頼清徳

中華民国総統選挙
中華民国立法委員選挙
中華民国立法委員選挙区

行政院 • 立法院
司法院 • 監察院
考試院

国民大会(-2005年

最高法院

政党制度政党一覧

与党
民主進歩党
62 長5)
立法委員を有する野党
中国国民党
(立38 県市長14)
台湾民衆党
(立5 県市長1)
時代力量(立3)

台湾問題中台関係

台湾独立運動
中国統一
担当機関:大陸委員会

その他台湾関係記事

文化 - 経済 - 地理
政治 - 教育 - 軍事
人口 - 言語 - 交通
歴史

中華民国関係記事

中華文化
中国の歴史

中華社会民主党(ちゅうかしゃかいみんしゅとう、以下社民党と称す)は1990年11月18日に台湾59番目の政党として登録され、 1991年3月1日に立法委員である朱高正により結党が宣言された台湾政党[1]

結党時は「国民党爛、民進党乱(国民党は腐敗し、民進党は乱れている)」をスローガンに、「文化国家、社会国家、法治国家」としての「中華連邦共和国」を建国、責任内閣制の実施と、総統と省長直接選挙の廃止を党是とした。

社民党結党時は国民党と民進党に対抗する政界の第3勢力として期待された。主要党員党員には映画監督の侯孝賢、作家の朱天心、そして後に台北市議に当選した李承龍中国語版、新竹市議の謝治、立委の黄国鐘、民進党前雲林県支部主委の張豊吉、丁小川、藍照慶、游麗珠、張台麟、鄭竹園等があげられる。しかしその政見は統一されたものでなく、また党組織の基礎を構成する人材が乏しいため、実質上朱高正の個人政党であると評価されている。

社民党の国政選挙への参加は1991年の国大代表選に始まる。この時社民党は53名の候補者を擁立したが全員が落選、得票率は僅か3%であった。1992年の立委選では朱高正の1議席の獲得に留まる。その後朱高正が党主席を辞職すると、黄国鐘が代理主席に就任するが、政党としての活動は実質的に停止してしまった。

新党成立後、多くの社民党党員は新党に参加し、朱高正本人までもが新党への参加を表明し、新党代表として台湾省長選に出馬、選挙終了後は社民党は新党に吸収されると宣言し、ここに社民党の活動の歴史に幕を下ろすこととなった。法人格としては残っていたが2020年に正式に廃止された[2]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 990707政黨名冊167個-網路版_1.doc(台湾内政部HP)(DOC),2010-07-26閲覧。
  2. ^ 樹黨等171政黨遭廢止備案 內政部今寄出公文”. 聯合ネットワーク. 2020年5月28日閲覧。

関連項目編集