メインメニューを開く
中西みち(左から2番目)。中央はシルビア・シドニー。ロス五輪渡米時にパラマンウト映画を訪問

中西 みち(なかにし みち、1913年1月30日 - 1991年12月30日[1])は日本の陸上競技選手。ロサンゼルスオリンピック日本代表

経歴編集

1913年、京都生まれ。京都市立二条高等女学校(1948年廃校)卒業[2]

1930年チェコスロヴァキアプラハで開催された第3回国際女子競技大会に選手として参加した[3][4]

ロサンゼルスオリンピックに女子80メートルハードル代表選手として出場。結果は予選途中棄権に終わる。一方、メンバーの一人として出場した4x100メートルリレーでは5位に入賞している。

夫は栗原俊夫(衆議院議員、参議院議員)。1991年、高崎にて死去[1]

エピソード編集

田中英光の「オリンポスの果実」の登場人物“内田”のモデルの一人とされる[5]

ベスト記録編集

脚注編集

  1. ^ a b 上毛新聞』1992年1月1日付朝刊
  2. ^ ~京都、滋賀ゆかりの五輪選手~”. 京都新聞 (2000年). 2012年6月28日閲覧。
  3. ^ “オリパラこぼれ話 人見絹枝の生涯(下) 粉骨砕身、日本の女子スポーツ発展に奔走”. 毎日新聞. (2019年7月23日). https://mainichi.jp/sportsspecial/articles/20190723/mog/00m/050/005000c 2019年10月13日閲覧。 
  4. ^ 浜田幸絵「女のスポーツをめぐる語り - 世界女子オリンピック(1926年・1930年)報道の分析」『島大言語文化』42号、pp.67 - 88
  5. ^ ロス五輪リレーのチームメイトであった土倉麻田島直人夫人)は、戦後の雑誌の記事で「内田のモデルは私だと、よくいわれますが、80米ハードルの中西さんとのミックスだと思います」と証言している(『サンデー毎日』1979年6月3日号、p136)。同記事には中西のコメントも載っているが、ヒロインである熊本秋子のモデル・相良八重走高跳選手)についての回想のみで、この件には触れていない。
  6. ^ a b Sports-reference.com - ここでは名前は"Michiko Nakanishi"と表記されている。