メインメニューを開く

中西 俊司(なかにし しゅんじ、1956年12月29日 - )は、日本政治家北海道留萌市長(1期)。

中西 俊司
なかにし しゅんじ
生年月日 (1956-12-29) 1956年12月29日(62歳)
出生地 北海道留萌市
出身校 北海道留萌高等学校普通科
前職 留萌市副市長
所属政党 無所属

当選回数 1回
在任期間 2018年3月10日 - 現職
テンプレートを表示

経歴編集

副市長就任まで編集

北海道留萌市出身[1]。1975年(昭和50年)3月、北海道留萌高等学校普通科卒業[1]。卒業後、すぐに留萌市役所に入庁[1]。財政や総務など管理分野を中心に務めたほか[1]、教育委員会などの運営も経験する[1]。産業建設部長時代には経済界と連携し、市街地の活性化やインフラの整備を推進した[1]。職場では温厚な人柄が評価されていた[1]

副市長就任後編集

2010年(平成22年)7月、留萌市副市長に就任[1]。2014年に留萌港から中国や韓国へのトドマツの輸出が始まると、留萌振興局局長らと共に輸出先となる韓国・群山の製材工場を視察し、ソウルで開催された総合建築見本市で情報収集を行った。また、留萌市内での製材加工も模索した[2]。2015年にはJR北海道からの鉄道網の整理(JR留萌線留萌-増毛間の2016年度中の廃止)についての提案に対して、「留萌では高規格道路の整備も進み、あれもこれもとはならないだろうが、持続可能な交通網のあり方に重点を置いて検討してほしい」とJR北海道へ要望している[3]。2016年にJR留萌駅北側に整備される船場公園の指定管理者を定める選定委員会を務め、「エフエムもえる」の事業計画案を「事業の実現性が明確」と評価し、選定した[4]。2017年(平成29年)12月、副市長を辞任[5]

市長就任編集

2018年(平成30年)2月25日に行われた留萌市長選挙において元NHK記者の庄司清彦を破り、初当選した(中西:6,784票、庄司:5,904票)[6]。3月10日、市長就任[7]

私生活編集

趣味はスポーツで高校時代はバスケットボール部に所属し、市役所ではバレーボール部で活躍した[1]。子供は長男と長女が居るが既に独立しており、妻と2人暮らし[1]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j <よろしく>中西俊司さん(53)*新しい留萌市副市長*財政健全化しっかりと 2010.07.29 北海道新聞朝刊地方 24頁 留A (全356字)
  2. ^ <探る見る>経済・産業*間伐材 中国、韓国へ*留萌港 トドマツ輸出に活路*資源量豊富なB、C材中心*振興局、来月現地で需要調査 2015.01.23 北海道新聞朝刊地方 23頁 旭C (全1,495字)
  3. ^ JR合理化 異論相次ぐ*「収支だけでは理解進まぬ」*廃止後の対策求める声も 2015.11.18 北海道新聞朝刊全道 4頁 朝四 (全1,013字)
  4. ^ 船場公園の指定管理者候補*「エフエムもえる」選定*留萌 2016.01.22 北海道新聞朝刊地方 23頁 留B (全655字)
  5. ^ 市長プロフィール - 留萌市ホームページ
  6. ^ 平成30年2月25日執行 留萌市長選挙 開票結果
  7. ^ 北海道市長会 - 市長・副市長名簿

外部リンク編集