メインメニューを開く

中西 功(なかにし つとむ、1910年(明治43年)9月18日 - 1973年(昭和48年)8月18日)は、日本共産主義運動の活動家・中国問題の政治評論家。元日本共産党参議院議員

中西功
なかにし つとむ
生年月日 1910年9月18日
出生地 三重県多気郡西外城田村土羽
没年月日 (1973-08-18) 1973年8月18日(62歳没)
出身校 東亜同文書院
前職 南満州鉄道社員
所属政党日本共産党→)
無所属→)
日本共産党

選挙区 全国区
当選回数 1回
在任期間 1947年5月3日 - 1950年1月28日
テンプレートを表示

経歴編集

三重県多気郡西外城田村土羽に生まれる。三重県で学んだ後、1929年、県費生として上海東亜同文書院に入る。学生運動を通じ、日支闘争同盟・中国共産主義青年同盟などに参加し、反帝国主義の活動を行う。

1932年に帰国し国内活動を行うが、1934年満鉄調査部に入り大連に赴き、調査執筆活動を行う。公然活動としては満鉄の調査業務として「支那抗戦力調査委員会」の主要メンバーとなり、中国の抗戦力を高く評価し日本の軍事活動を牽制する報告をまとめた。非公然活動では西里龍夫らと共に、中国共産党と通じ、毛沢東ら中共指導部へ情報を提供し、反戦活動、抗日活動などを援助していた。

1942年ゾルゲ事件関連で「中共謀報団」として検挙され巣鴨拘置所に収容される。その後治安維持法違反及び外患罪で起訴され、死刑を求刑される。1945年9月無期懲役の判決を受けるが、占領軍の釈放指令により1945年10月釈放される。

1947年第1回参議院議員通常選挙日本共産党から立候補し当選。しかし1950年1月、日本共産党の路線論争の中で党中央(所感派)と対立し党を除名される。当初は「団結派」を結成し反論を行なっていたが、後に参議院議員を辞職する。その後復党し、1963年まで衆院選旧神奈川2区に出馬したが、返り咲きはならなかった。

実弟の中西篤中西三洋中西五州も社会活動家。環境リスク学の研究者で文化功労者中西準子は長女にあたる。

主な著書編集

  • 『中国共産党史』
  • 『民主主義日本の道標』
  • 『中国革命と毛沢東思想』
  • 『死の壁の中から 妻への手紙』
  • 『戦後民主変革期の諸問題』
  • 『現代中国の政治』
  • 『中国革命の嵐の中で』