中西嘉宏

日本の政治学者

中西嘉宏(なかにし よしひろ、1977年- )は、日本の政治学者、京都大学准教授。

人物・来歴編集

兵庫県尼崎市生まれ。2001年東北大学法学部卒業。2007年京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科博士課程修了、「ネー・ウィン体制期ビルマにおける政軍関係 1962-1988」で博士(地域研究)。

日本貿易振興機構アジア経済研究所研究員、ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院客員研究員などを経て、2013年より京都大学東南アジア研究所准教授。名称変更により、2017年より京都大学東南アジア地域研究研究所准教授。2021年『ロヒンギャ危機――「民族浄化」の真相』でサントリー学芸賞アジア・太平洋賞受賞[1][2]。専門は東南アジア研究、比較政治学[3]

著書編集

  • 『軍政ビルマの権力構造――ネー・ウィン体制下の国家と軍隊1962-1988』京都大学学術出版会、2009年
  • 『Strong Soldiers, Failed Revolution: The State and Military in Burma, 1962-88』
National University of Singapore Press & Kyoto University Press, 2013
  • 『ロヒンギャ危機――「民族浄化」の真相』中公新書 2021年1月
  • 『ミャンマー現代史』岩波新書 2022年8月

論文編集

外部リンク編集

脚注編集