メインメニューを開く

中見 立夫(なかみ たてお、1952年2月 - )は、日本政治学者歴史学者。専門は東アジア地域の外交史国際関係論東京外国語大学名誉教授

中見 立夫
人物情報
生誕 1952年2月??
日本の旗 日本
学問
研究分野 東洋史、政治史(外交史、国際関係論)
研究機関 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所
テンプレートを表示

目次

人物編集

一橋大学大学院法学研究科で国際関係論・外交史の細谷千博の指導を受けた[1]東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所教授を歴任。2006年モンゴル国大統領北極星勲章受章。

略歴編集

  • 1974年 - 東京外国語大学外国語学部モンゴル語学科卒業
  • 1977年 - 一橋大学大学院法学研究科公法専攻修士課程修了
  • 1979年 - 一橋大学大学院法学研究科公法専攻博士課程中退、東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所助手
  • 1987年 - 同 助教授
  • 1997年 - 同 教授
  • 2017年 - 東京外国語大学を定年退職、名誉教授

評価編集

楊海英は、中見が著書『「満蒙問題」の歴史的構図』(東京大学出版会2013年)において、「満蒙独立運動は存在しなかった」「『独立運動』という以上は、誰が、いかなる勢力が『独立』を『運動』するのであろうか。論理的にみれば、独立をめざす現地側の主体を用意しなければならなかった」と捉えており[2]、「まるで日本側の動きだけがあり、モンゴル側は自主的に何もしなかったとでも主張したいようだ」として[3]、モンゴル人の主体的な民族自決・独立運動の歴史を否定する勢力は、「右で例示したような日本の研究者(中見立夫)と中国共産党側の学者」であり、「いわゆる満蒙独立を煽ったのは軍部の極一部」であり、「悪いのは日本軍だと反省」して、「満蒙独立運動は幻想だった」として、中国と中国人(漢民族)に謝罪することにより、モンゴル人満州人の諒解を得られると信じており、中国も「悪いのは日本で、モンゴル人は盲従し、利用されただけだ」と懐柔を示すが、中国がモンゴル人の独立自決運動を否定するのは、自らを「日本の圧政から諸民族を解放した英雄」に仕立て上げるためであり、「私たちモンゴル人からすれば、どちらも歴史修正者の視点であるとしかいいようがない」と批判している[4]

著作編集

単著編集

共著編集

編著編集

研究業績編集

  • 「大橋忠一と須磨弥吉郎 ―異色外交官の戦前・戦中・戦後―」『東アジア近代史』第11号(2008年3月)、67-87頁。
  • 「宣統三年夏の庫倫」、細谷良夫編『清朝史研究の新たなる地平 ―フィールドと文書を追って― 』(山川出版社、2008年2月)、310-330頁。
  • 「旗人金梁与清史档案」、中国第一歴史档案館編『明清档案与歴史研究論文集―慶祝中国第一歴史档案館成立80周年』上冊(北京:新華出版社、2008年1月)、108-120頁。

参考文献編集

  • 楊海英『日本陸軍とモンゴル』中央公論新社、2015年11月21日。ISBN 978-4121023483

脚注編集