メインメニューを開く

中路道(ちゅうろ-どう)は中華民国北京政府により設置された遼寧省の道。

中華民国 遼寧省 (中華民国)省 中路道
1913年 - 1913年
簡体字 中路
繁体字 中路
拼音 Zhōnglù
カタカナ転記 ヂョンルー
国家 中華民国
遼寧省 (中華民国)
行政級別
政府所在地 瀋陽県
建置 1913年
廃止 1913年
面積
- 総面積 km²
人口

沿革編集

1913年民国2年)2月に成立、観察使は瀋陽県に置かれ、下部に瀋陽、鉄嶺、開原、東豊、西豊、西安、撫順、本渓、海竜、輝南、柳河の11県を管轄した。財政難を理由に同年9月に廃止となり、管轄県は南路道及び東路道に編入された。

行政区画編集

廃止直前の下部行政区画は下記の通り。(50音順)


脚注編集