中部ドイツSバーン

中部ドイツSバーンドイツ語: S-Bahn Mitteldeutschland)は、ドイツライプツィヒハレを中心とした都市近郊鉄道(Sバーン)である。

中部ドイツSバーン
ロゴマーク
442形電車
442形電車
基本情報
ドイツの旗 ドイツ
所在地 ライプツィヒハレ
運行範囲 中部ドイツ運輸連合 (主な範囲)
種類 都市近郊鉄道(Sバーン
開業 2004年12月12日
ハレとライプツィヒSバーンの統合
所有者 ドイツ鉄道
運営者 DBレギオ南東
公式サイト 中部ドイツSバーン
詳細情報
総延長距離 751 km
路線数 10系統
駅数 141駅
保有車両数 442形電車: 80本
143形電気機関車と二階建て客車あり
軌間 1,435 mm
電化方式 交流15000V 16.7Hz
架空電車線方式
通行方向 右側通行
路線図
路線図
テンプレートを表示

1969年にライプツィヒハレで個別に開業した近郊鉄道が発祥である。2004年に両都市間を連絡する系統の設定により一体化され、ライプツィヒ・ハレSバーンドイツ語: S-Bahn Leipzig-Halle)が成立した。2013年12月15日にライプツィヒ市街の地下トンネル(シティトンネル)が開通したことで路線網が再編され、従来のザクセン州に加えてテューリンゲン州ブランデンブルク州へ運行範囲を拡大し、これを機に中部ドイツSバーンへと改称された。

路線編集

系統 運行経路 運行間隔 関連鉄道路線
S 1 ライプツィヒ・ミルティッツァー・アリー - ライプツィヒ・アリーセンター - ライプツィヒ・プラクーヴィツ - ライプツィヒ・ロイツシュ - ライプツィヒ・ゴーリス - ライプツィヒ中央駅 - ライプツィヒMDR - ライプツィヒ・シュトェテリツ 30分 プラークヴィツ - ミルティッツァー・アリー線、ライプツィヒ - プローブストツェラー線ライプツィヒ - グロースコルベータ線、シティートンネル(ライプツィヒ地下線)
S 2 (ユーターボーク - )ルターシュタット・ヴィッテンベルク中央駅/デッサウ中央駅 - ビッターフェルト - デーリッチュ下駅 - ライプツィヒ見本市 - ライプツィヒ中央駅 - ライプツィヒMDR - ライプツィヒ・シュテテリッツ 30 / 60 / 120分
ユーターボーク - ヴィッテンベルク間一回運行。
ベルリン-ハレ線トレプニッツ - ライプツィヒ線、シティートンネル(ライプツィヒ地下線)
RB 42
S 2の連係
マクデブルク中央駅 - ビーダーリツ - ゴンメルン - ギュターグリュック - ツェルプスト - ロースラウ (エルベ) - デッサウ中央駅 120 分 ベルリン - マクデブルク線、ビーダーリツ - トレプニッツ線、トレプニッツ - ライプツィヒ線
RB 51
S 2の連係
ファルケンベルク (エルスター) - フェルマースヴァルデ - イェッセン - アンナブルク - エルスター - ルターシュタット・ヴィッテンベルク中央駅 120 分 ヴェングリニェツ - ロースラウ線
S 3 ハレ・トロータ - ハレ・シュタイントル橋 - ハレ中央駅 - ハレ見本市 - グロェバース - シュコイディツ - ライプツィヒ・ヴァーレン - ライプツィヒ・ゴーリス - ライプツィヒ中央駅 - ライプツィヒMDR - ライプツィヒ・コネヴィッツ - マルックレーベルク - マルックレーベルク・ガシュヴィツ 30分 ハレ - フィーネンブルク線マグデブルク-ライプツィヒ線、ライプツィヒ・ヴァーレン - ライプツィヒ中央駅線 - シティートンネル(ライプツィヒ地下線)、ライプツィヒ - ホーフ線
S 4 ホイエルスヴェルダ - ホーゼーナ - ルーラント - ラウッフハンマー - エルスターヴェルダー・ビーラー - バート・リーベンヴェルダー - ファルケンベルク(エルスター) - レーフェルト(ファルケンベルク=エルスター近郊) - トルガウ - モクレーナ - アイレンブルク - タウシャ(ライプツィヒ近郊) - ライプツィヒ北駅 - ライプツィヒ中央駅 - ライプツィヒMDR - ライプツィヒ・シュトェテリツ - ライプツィヒ・エンゲルスドルフ - マヒェルン(ザクセン) - ヴルツェン (- オーシャツ) 30 / 60 / 120分
ヴルツェン - オーシャツ間一回運行
ヴェングリニェツ - ロースラウ線ハレ - コトブス線ライプツィヒ - アイレンブルク線、シティートンネル(ライプツィヒ地下線)、ライプツィヒ–ドレスデン線
S 5 ハレ中央駅 - ライプツィヒ・ハレ空港 - ライプツィヒ見本市 - ライプツィヒ中央駅 - ライプツィヒMDR - ライプツィヒ・コネヴィッツ - マルックレーベルク - ボェーレン(ライプツィヒ近郊) - ノイキルリッチ - アルテンブルク - ゴェースニツ - クリミツシャウ - ヴェルダウ - シュタインプライス - ツヴィッカウ(ザクセン)中央駅 60 / 120分 ライプツィヒ空港線、シティートンネル(ライプツィヒ地下線)、ライプツィヒ - ホーフ線
S 5X (ハレ中央駅 -) ライプツィヒ・ハレ空港 - ライプツィヒ中央駅 - ライプツィヒMDR - ライプツィヒ・コネヴィッツ - マルックレーベルク - ボェーレン(ライプツィヒ近郊) - アルテンブルク - ゴェースニツ - クリミツシャウ - ヴェルダウ - シュタインプライス - ツヴィッカウ(ザクセン)中央駅 60分 同上
S 6 ライプツィヒ見本市 - ライプツィヒ中央駅 - ライプツィヒMDR - ライプツィヒ・コネヴィッツ - マルックレーベルク - マルックレーベルク・ガシュヴィッツ - ボェーレン(ライプツィヒ近郊) - ノイキルリッチ - ペーターグルーベ - ガイトハイン 30 / 60分 トレプニッツ - ライプツィヒ線、シティートンネル(ライプツィヒ地下線)、ライプツィヒ - ホーフ線、ノイキアリッチュ - ケンニツ線
S 7 ハレ中央駅 - ハレ・ジュトシュタット - ハレ・ニートレーベン 30分 ハレ - ハン・ミュンデン線メルゼブルク - ハレ・ニートレーベン線
S 8 (ユーターボーク - )ルターシュタット・ヴィッテンベルク中央駅/デッサウ中央駅 - ビッターフェルト - ハレ中央駅 30 / 120分
ユーターボーク - ヴィッテンベルク間一回運行。
ベルリン-ハレ線、トレプニッツ - ライプツィヒ線
S 9 ハレ中央駅 - ロイッセン - クリチマー - デーリッチュ上駅 - クレンジツ - アイレンブルク 60分(通勤時間)/120分 ハレ - コトブス線

歴史編集

ハレの路線網編集

 
1969年9月当時のSバーン列車
 
ハレ・ノイシュタットのトンネル入り口

ハレSバーンはU字形の経路でトロータ駅 - 中央駅 - ノイシュタット - 旧ドェラウ区間で運営された路線だった。現在トロータ - ニートレーベン区間は現存する。1964年7月15日Sバーンの番石はノイシュタットで立った。ハレ県に建設されたSバーンの路線はハレ - ハン・ミュンデン線から分岐して北に向かうことになった。1967年4月からVT2.09形気動車はハレ・ツシェルベーナー通り - ハーレ中央駅区間に直通運行された。ハレ・ノイシュタット駅は地下駅として開業され、駅の電気設備も設置された。当時にハレ - ハン・ミュンデン線の中でハレ - アンガースドルフ区間が電化された。1970年まで路線網の南側は完成できた。ハレ中央駅から北側に線路はハレ・トロータ駅まで改修された。1969年9月27日のSバーンの公式的な開業当時にも北の区間は電化されなかったため、ディーゼル機関車がその区間で運行された。1972年10月1日Sバーンの電化は完了した。ハレ市からメルゼブルクの化学工場で通勤する労働者たちのためにメルゼブルク - ハレ・ニートレーベン区間の列車はSバーン開業の直後開設された。この列車は2007年12月廃止された[1]

1980年代にハレ市ノイシュタット - 中央駅間の連結を改善する為に、運行間隔を10分に短縮する計画があった。この計画にはジルバーホェヘ駅で複線化するのは必要だった。しかし複線化計画はドイツの再統一直後、ハレ市人口の急激な減少と乗用車の増加のため実現できなかった。1991年ハレ市にはハレ運送会社 (VerkehsVerkehrs- und Tarifgemeinschaft Halle、VTG) が設立され、Sバーンにも路面電車・路線バスと同じ料金システムは導入された。2002年8月1日ドェラウ - ニートレーベン間のSバーン運行は乗客数の減少と荒涼たる線路状態の原因で中止された。2007年12月からSバーン区間で列車は30分間隔で運行され、15分間隔の路面電車とSバーン列車との乗り換えに適合するようになった。

ライプツィヒの路線網編集

ライプツィヒの路線網はライプツィヒ中央駅から北側に始まり、都市の両側に別れてマルクレーベルクで再び合流する特徴を持っていた。1968年2月ライプツィヒ県の議会はSバーンの開設を議決した。1969年7月12日二つのハート型Sバーン系統は第五回全国体育祭(Turn- und Sportfest)の時に交通混雑を対して準備する為に二つの系統で開通された。この二つの路線はあとでA系統に統合された。

  • A: ガシュヴィツ - マルクレーベルク西駅 - ライプツィヒ・プラグヴィツ - ライプツィヒ・ゴーリス - ライプツィヒ - マルクレーベルク - ガシュヴィツ

1974年5月26日B系統が追加され、ライプツィヒ–ドレスデン線の上にゼラーハウゼン駅 (下の乗降場) と工業団地東駅は新設された。

  • B: ライプツィヒ - ライプツィヒ・ゼラーハウゼン - ライプツィヒ・エンゲルスドルフ - マヒェルン(ザクセン) - ヴルツェン

1983年12月プラクティス - ミリティツ並木道区間は全通され、A系統とC系統に分離された。C系統は「森の路線(Waldbahn)」と呼ばれた。

  • A: ミリティツ並木道 - ライプツィヒ・プラグヴィツ - ライプツィヒ・ゴーリス - ライプツィヒ - マルクレーベルク - ガシュヴィツ
  • C: ライプツィヒ・プラグヴィツ - マルクレーベルク西駅 - ガシュヴィツ

あとでA系統はS1に、B系統はS3に、C系統はS2にそれぞれ改称された。S2系統はプラグヴィツ - ガシュヴィツ区間に短縮され、プラグヴィツ駅の乗り換えはとても不便だった。2002年12月S2系統は利用客の減少で廃止され、相当する区間はバス路線に置き変われた。2004年S1系統は西側のS1と東側のS2に分離された。

  • S1: ミリティツ並木道 - ライプツィヒ・プラグヴィツ - ライプツィヒ・ゴーリス - ライプツィヒ
  • S2: ボルナ - ライプツィヒ - マルクレーベルク - ガシュヴィツ - マルクレーベルク - ライプツィヒ

ライプツィヒ=ハレSバーン編集

 
ライプツィヒ=ハレSバーンのロゴがある二階建て客車
 
2009年当時のSバーン路線図

ハレ - ライプツィヒ区間には数十年間通勤列車(Vorortzug)は運行されたが、特別な料金システムはこの区間に導入されなかった。2002年3月19日、ハレ市で両都市を結ぶSバーンの工事が始まった。連邦政府、ザクセン州政府、ザクセン=アンハルト州政府はそれぞれに建設費用を分担した。ライプツィヒ=ハレSバーンは予定どおり2004年12月に開業した。開業前に普通列車系統のRB56はヴァーレン - 中央駅区間を経由し、開業以後その区間はS10系統に移管された。

2003年6月30日に快速列車のRE5系統はハレ - ライプツィヒ空港 - ライプツィヒ区間に運行され、急行Sバーンの役割を果たすことになった。2009年の路線改編の時にS2、S11系統は私設鉄道会社の中部ドイツ地方鉄道(Mitteldeutschen Regiobahn、MRB)に所属し、それぞれにMRB2、MRB11系統になった。時刻表と運行間隔は変わらなかったが、気動車が電化区間に投入された。2011年4月30日S1系統の運行は予算削減の理由で中止され、既存区間はバスや路面電車系統に差し替えられた[2]。2012年12月24日ライプツィヒ中央駅 - ライプツィヒ・コネヴィツ区間の運行が終了し、ハート型区間の一部は廃止された。MRB2列車は西側と旧C系統の経路で迂回することになったが、停車駅が少ないためSバーン列車のほどではなかった。

新しいSバーンシステムの成立と発展編集

 
2015年12月当時のSバーン路線図

2008年8月新しいSバーン路線網運営に関じるEUの告示 (Ausschreibung) が公表された。本来なら2011年12月運行は開始される予定だったが[3][4]、二度の計画修正により2013年12月に開始された[5]。2010年12月21日ライプツィヒ公共交通組合 (Zweckverband für den Nahverkehrsraum Leipzig、ZVNL) は支配的な責任者として中部ドイツSバーンと命名された路線網の運営権をドイツ鉄道の子会社に与えることを公式的に宣言した。その子会社は2011年DBレギオに統合された[6]

2013年12月15日にライプツィヒ市のシティートンネルの開通と共に中部ドイツSバーンの系統の第一段階運行は開始された。運行系統の範囲はライプツィヒ=ハレ都市圏から四つの州にかけて拡大された。路線網は約430 km長さと104個所の停車場を含んで、51本の442形電車が投入された[7]。既存のS10系統はS3系統に転換された。

  • S1: ライプツィヒ・ミリティツ並木道 - ライプツィヒ・ロイツシュ - ライプツィヒ・ゴーリス - ライプツィヒ - ライプツィヒMDR - ライプツィヒ・シュトェテリツ - ヴルツェン - オーシャツ - リーザ
  • S11: ライプツィヒ見本市 - ライプツィヒ - ライプツィヒMDR - ライプツィヒ・シュトェテリツ
  • S2: ビッターフェルト - デーリッチュ - ライプツィヒ見本市 - ライプツィヒ - ライプツィヒMDR - ライプツィヒ・コネヴィッツ - マルックレーベルク - マルックレーベルク・ガシュヴィツ
  • S3: ハレ (ザーレ) - グロェバース - シュコイディツ - ライプツィヒ・ゴーリス - ライプツィヒ - ライプツィヒMDR - ライプツィヒ・コネヴィッツ - マルックレーベルク - マルックレーベルク・ガシュヴィツ
  • S4: ホイエルスヴェルダ - トルガウ - アイレンブルク - タウシャ - ライプツィヒ・テクラ - ライプツィヒ - ライプツィヒMDR - ライプツィヒ・コネヴィッツ - マルックレーベルク - ボルナ - ガイトハイン
  • S5: ライプツィヒ・ハレ空港 - ライプツィヒ見本市 - ライプツィヒ - ライプツィヒMDR - ライプツィヒ・コネヴィッツ - マルックレーベルク - アルテンブルク - ツヴィッカウ
  • S5X: ハレ (ザーレ) - ライプツィヒ・ハレ空港 - ライプツィヒ見本市 - ライプツィヒ - ライプツィヒMDR - ライプツィヒ・コネヴィッツ - マルックレーベルク - アルテンブルク - ツヴィッカウ

2015年12月の時刻表変更の時に車両が充分に確保されなかったため、S8系統の導入は2年後に延期された。S2系統の車両はデッサウ中央駅まで60分間隔で運行され、一部電車は続いてRB42系統として120分間隔でマグデブルク中央駅まで走行している。ハレ (ザーレ) 中央駅で全般的な工事が行われたためS7系統は短縮され、現在のような形となった。ハレ市内のトロタ - 中央駅区間はS3系統に移管された。ライプツィヒ南側にはS1、S3及びS4系統の路線は交換された。ライプツィヒMDR - オーシャツ区間はS4系統に、ライプツィヒMDR - ガイトハイン区間はS3系統に移管され、ライプツィヒ・シュトェテリツ駅はS1の終着駅となった。

2017年12月10日Sバーンにいくつかの路線改編が行われた。S1の補助路線だったS11系統はS6系統と変更され、マルクレーベルク・ガシュヴィツ - ガイトハイン区間をS3から継承した。S2系統の場合、ターシュタット・ヴィテンベルク - ビターフェルト区間は追加され、一部列車は続いてRB51として運行されることになった。ハレ - ルターシュタット・ヴィテンベルク区間はRB80系統からS8系統に、ハレ - アイレンブルク区間はRB75系統からS9系統に移管された。S8系統はS2系統と同じ模様でデッサウ - ビターフェルト区間とルターシュタット・ヴィテンベルク - ビターフェルト区間で運営されることになった。

車両編集

 
シティートンネルに入るS3系統のタレント2

2017年現在は442形「タレント2」が主力となっており、S7系統で143形電気機関車と2階建て客車によるプッシュプル編成が運用されている。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Ministerium für Landesentwicklung und Verkehr Magdeburg: Pressemitteilung Nr.: 041/07 – Kürzung der Regionalisierungsmittel führt zu Angebotsreduzierung im Schienenpersonennahverkehr. Magdeburg 2007.
  2. ^ Kürzungen der Finanzmittel für den öffentlichen Personennahverkehr. Mitteldeutscher Verkehrsverbund GmbH (MDV), 28. April 2011, archiviert vom Original am 17. Dezember 2013; 2015年11月29日閲覧 (言論報道)
  3. ^ Ausschreibung Mitteldeutsches S-Bahn-Netz. In:Newsix
  4. ^ Supplement zum Amtsblatt der Europäischen Union: D-Leipzig: Personenbeförderung per Bahn 2008/S 157-212269, 14. August 2008
  5. ^ Supplement zum Amtsblatt der Europäischen Union: D-Leipzig: Öffentlicher Schienentransport/öffentliche Schienenbeförderung 2010/S 3-001741, 6. Januar 2010
  6. ^ Veröffentlichungen aus dem Handelsregister: S-Bahn Mitteldeutschland GmbH, abgerufen am 15. Dezember 2013
  7. ^ Zahlen - Daten - Fakten. S-Bahn Mitteldeutschland, abgerufen am 26. Dezember 2013.

外部リンク編集