中部圏知事会議

中部圏知事会議(ちゅうぶけんちじかいぎ)は、中部地方のうち山梨県新潟県を除いた7県(富山県石川県福井県長野県岐阜県静岡県愛知県)と近畿地方に属する三重県滋賀県の各知事並びに名古屋市の市長で構成される団体である。

元組織は東海北陸地方知事会で、元参加メンバーは愛知・岐阜・三重・富山・石川・福井の各県知事であった。1963年(昭和38年)にオブザーバーであった長野・静岡・滋賀の各県知事が本会議からの呼びかけによって正式に参加したことにより、1967年(昭和42年)に現組織名に改称した。

目次

変遷編集

構成員編集

静岡市長・浜松市長の加入問題編集

中部圏知事会議は、上記各県知事に加え、上記各県内の政令指定都市のうち、愛知県の名古屋市長を構成員としている。静岡県の静岡市が政令指定都市に移行した際に静岡市長の加入が議論されたが、一部構成員の反対により実現していない。また、同じく政令指定都市に移行した静岡県の浜松市については、今のところ加入について議論されていない。

付記編集

関連項目編集

外部リンク編集