メインメニューを開く

中里ダム(なかざとダム)は、三重県いなべ市にある水資源機構三重用水ダム。中里貯水池。

中里ダム
中里ダム
左岸所在地 三重県いなべ市藤原町鼎
位置
河川 員弁川水系砂子谷川
ダム湖 鈴養湖
ダム諸元
ダム型式 アースダム
堤高 46.0 m
堤頂長 985.0 m
堤体積 2,970,000
流域面積 4.0 km²
湛水面積 130.0 ha
総貯水容量 16,400,000 m³
有効貯水容量 16,000,000 m³
利用目的 かんがい上水道工業用水
事業主体 水資源機構
施工業者 大成建設
着手年/竣工年 1964年/1976年
出典 [1] 『ダム便覧』中里ダム
テンプレートを表示

目次

概要編集

堤体積は 2,970,000m3アースダムの中では国内第1位。自己流域のほか、牧田川、員弁川、河内谷川、冷川から取水した水を導水し貯留して、受益地域に水が足りない時に補給している。三重用水の水瓶である。東側と北側に岐阜県道・三重県道107号時下野尻線が通り、すぐ北側が三重県と岐阜県との県境であり、岐阜県側には水嶺湖がある。両者の湖の間は員弁川と牧田川の分水界となっている。南側にゴルフ場のリオフジワラカントリークラブが隣接している。

沿革編集

  • 1971年(昭和46年)3月 農林省から事業継承し、三重用水建設所発足。
  • 1972年(昭和47年)3月 中里ダム着工。
  • 1977年(昭和52年)3月 中里ダム完成。
  • 1984年(昭和59年)4月 暫定通水開始。
 
西側の鈴鹿山脈から見下ろす中里ダム

脚注編集

  1. ^ 国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成(1974年度撮影)

関連項目編集

外部リンク編集