メインメニューを開く

中野京子

中野 京子(なかの きょうこ、生年不詳)は、日本ドイツ文学[1]、西洋文化史家、翻訳家[2]

目次

経歴編集

北海道生まれ[3]北海道苫小牧東高等学校を経て、早稲田大学大学院修士課程修了[4][5]オペラ、美術などについて多くのエッセイを執筆する。2007年に発表された『怖い絵』を端緒とする『怖い絵』シリーズが大ヒットとなる。新聞や雑誌に連載をもつほか、テレビの美術番組にも出演する[6][7]。早稲田大学講師[8]。『怖い絵』シリーズの刊行10周年を記念して2017年に開催された「怖い絵」展では、特別監修を務めた[9][10]

作品リスト編集

「怖い絵」シリーズ編集

  • 『怖い絵』 朝日出版社 2007 / 角川文庫 2013
  • 『怖い絵 2』 朝日出版社 2008
    • 【改題】『怖い絵 泣く女篇』 角川文庫 2011
  • 『怖い絵 3』 朝日出版社 2009
    • 【改題】『怖い絵 死と乙女篇』 角川文庫 2012
  • 『新怖い絵』 KADOKAWA 2016
  • 『怖い絵のひみつ。 「怖い絵」スペシャルブック』 KADOKAWA 2017

「名画で読み解く 12の物語」シリーズ編集

「危険な世界史」シリーズ編集

  • 『危険な世界史』 角川書店 2008
    • 【改題】『危険な世界史 血族結婚篇』 角川文庫 2011
  • 『危険な世界史 運命の女篇』 角川書店 2011 / 角川文庫 2014

「残酷な王と悲しみの王妃」シリーズ編集

  • 『残酷な王と悲しみの王妃』 集英社 2010 / 集英社文庫 2013
  • 『残酷な王と悲しみの王妃 2』 集英社 2015

「名画の謎」シリーズ編集

  • 『中野京子と読み解く名画の謎 ギリシャ神話篇』 文藝春秋 2011
    • 【改題】『名画の謎 ギリシャ神話篇』 文春文庫 2015
  • 『中野京子と読み解く名画の謎 旧約・新約聖書篇』 文藝春秋 2012
    • 【改題】『名画の謎 旧約・新約聖書篇』 文春文庫 2016
  • 『中野京子と読み解く名画の謎 陰謀の歴史篇』 文藝春秋 2013
    • 【改題】『名画の謎 陰謀の歴史篇』 文春文庫 2018
  • 『中野京子と読み解く名画の謎 対決篇』 文藝春秋 2015
    • 【改題】『名画の謎 対決篇』 文春文庫 2018

単発作品編集

  • 『オペラでたのしむ名作文学』 さ・え・ら書房 1996
  • 『映画の中のオペラ』 未來社 1997
  • 『かくも罪深きオペラ スキャンダラスな名作たち』 洋泉社 1999
    • 【改題】『愛と裏切りの作曲家たち』 知恵の森文庫 2015
  • 『紙幣は語る』 洋泉社 新書y 2001
  • 『情熱の女流「昆虫画家」 メーリアン波乱万丈の生涯』 講談社 2002
  • 『恋に死す』 清流出版 2003
    • 【改題】『歴史が語る恋の嵐』 角川文庫 2009
  • 『恋するヒロイン オペラにみる愛のかたち』 ショパン 2004
  • メンデルスゾーンアンデルセン』 さ・え・ら書房 2006
    • 【改題】『芸術家たちの秘めた恋 メンデルスゾーン、アンデルセンとその時代』 集英社文庫 2011
  • 『恐怖と愛の映画102』 文春文庫 2009
  • 『「怖い絵」で人間を読む』 生活人新書 2010
  • 『印象派で「近代」を読む 光のモネから、ゴッホの闇へ』 NHK出版新書 2011
  • マリー・アントワネット運命の24時間 知られざるフランス革命、ヴァレンヌ逃亡』 朝日新聞出版 2012
    • 【改題】『ヴァレンヌ逃亡 マリー・アントワネット運命の24時間』 文春文庫 2014
  • 『名画と読むイエス・キリストの物語』 大和書房 2012 / 文春文庫 2016
  • 『はじめてのルーヴル』 集英社 2013 / 集英社文庫 2016
  • 『名画に見る男のファッション』 KADOKAWA 2014 / 角川文庫 2016
  • 『中野京子が語る 橋をめぐる物語』 河出書房新社 2014
  • 『「絶筆」で人間を読む 画家は最後に何を描いたか』 NHK出版新書 2015
  • 『美貌のひと 歴史に名を刻んだ顔』 PHP新書 2018

共編著編集

  • 『ドイツ語アウトライン 初級文法読本』 小澤直共編 同学社 1995
  • 『ドイツマルク物語』 同学社 1996
  • 『ドイツ語センターライン 初級文法読本』 同学社 1998

翻訳編集

  • アーヒム・ブレーガー『パパをむかえに』 神崎巌共訳 さ・え・ら書房 1990
  • ナスリーン・ジーゲ『ソンボ 川のほとりの少女』 さ・え・ら書房 1991
  • ミリアム・プレスラー『ビターチョコレート』 さ・え・ら書房 1992
  • アントン・ディータリヒ『ゴヤ』 岩崎美術社「巨匠のデッサン・シリーズ」 1992
  • ミリアム・プレスラー『夜の少年』 さ・え・ら書房 1992
  • クリスティアン・ゲールハール『クレー』 岩崎美術社「巨匠のデッサン・シリーズ」 1992.8
  • バルバラ・カーフェマン、イングリット・ローシュテーター『強姦する父 娘への性的虐待』 五十嵐蕗子共訳 未来社 1992.7
  • 『廃墟から 47年グループ短篇集』 神埼巖共訳 早稲田大学出版部「シリーズ現代ドイツ文学」 1993.1
  • トーマス・ベルクマン『訴えてやる! ドイツ隣人間訴訟戦争』 未来社 1993.12
  • ペーター・H.ヤーミン『失踪!』 荒地出版社 1995
  • トーマス・ブレツィナ「タイガーチーム事件簿」さ・え・ら書房、1998
  1. 火山島のなぞ
  2. 消えたメカ・モンスター
  3. ファラオの呪い

メディア出演編集

雑誌編集

『季刊ムラマツ』 (2015年冬号)- 『Shine 輝く女性たち』 file.04

脚注編集

  1. ^ ドイツ文学者、中野京子さんが語る『怖い絵』展「『恐怖』には多彩な顔」 兵庫県立美術館で待望の企画展”. 産経新聞社 (2017年7月28日). 2018年7月31日閲覧。
  2. ^ 「怖い絵」中野京子氏が語る「絵をよむ面白さ」”. 日経BP社 (2018年7月27日). 2018年7月31日閲覧。
  3. ^ ドイツ文学者・中野京子(1) 本物を見なくちゃ分からない”. 産経新聞社 (2017年11月6日). 2018年7月31日閲覧。
  4. ^ 『文藝年鑑』 2011年
  5. ^ 継母は実は実母だった!? シンデレラの真実”. 朝日新聞出版 (2018年1月20日). 2018年7月31日閲覧。
  6. ^ 中野 京子 先生 【美術】”. 日本テレビ. 2018年8月1日閲覧。
  7. ^ 中野京子『怖い絵』が展覧会に!神戸・東京で開催決定 ナビゲーターは吉田羊”. ほんのひきだし (2017年6月27日). 2018年9月9日閲覧。
  8. ^ 特別展「大エルミタージュ美術館展 世紀の顔 西欧絵画の400年」開催”. 名古屋市. 2018年8月5日閲覧。
  9. ^ 第31回JRタワーおとな大学の開催について”. 札幌駅総合開発株式会社. 2018年9月8日閲覧。
  10. ^ 怖い……でも見たい! 大好評の「怖い絵」展。 見てから読む? 読んでから見る?”. KADOKAWA (2017年10月27日). 2018年9月8日閲覧。

外部リンク編集