中野 好之(なかの よしゆき、1931年2月 - )は、日本の西洋思想史学者。

経歴編集

中野好夫・信(土井晩翠の娘)の長男として東京に生まれる。1955年東京大学経済学部卒業[1]名古屋大学大学院修士課程修了[1]

編集者などを経て、國學院大學文学部教授、富山国際大学教授を歴任[1]

晩年の父が訳していた、エドワード・ギボンローマ帝国衰亡史』の翻訳を、朱牟田夏雄から引き継ぎ完成させた。その功績により1994年、日本翻訳出版文化賞(第30回)を受賞[1]

父とは思想の方向が異なり、英国の社会思想・保守思想研究を専門とし、皇室崇拝家である。妹のノンフィクション作家・中野利子はむしろ父の思想を受け継いでおり、その伝記(『父 中野好夫のこと』、岩波書店)を書いた。息子は英文学者の中野春夫(学習院大学教授)。

著書編集

  • 「評伝バーク アメリカ独立戦争の時代」、みすず書房 1977、オンデマンド版2010
  • 「仙台「晩翠草堂」の顛末-詩人・土井晩翠旧宅敷地譲渡をめぐる紛争の内幕」、御茶ノ水書房 1988
  • 「バークの思想と現代日本人の歴史観 保守改革の政治哲学と皇統継承の理念」、御茶の水書房 2002
  • 「我が国の皇統継承の歴史と理念 昨今のいわゆる女帝論議に触れて」、御茶の水書房 2007
  • 「万世一系 面白半分の異端曲説」、御茶の水書房 2009

翻訳編集

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ a b c d 日外アソシエーツ現代人物情報