メインメニューを開く
1948年

中野 実(なかの みのる、旧字体:1901年11月30日 - 1973年1月3日)は小説家劇作家大阪府に生まれる。

1922年、時事新報の脚本懸賞募集に「茶番師」を応募して、一等当選[1]

法政大学文科中退後[2]、1919年に[3]岡本綺堂に師事[4]。なお、川本三郎『小説家たちの休日』(文藝春秋)では1923年に綺堂に師事したとあるが、誤情報と思われる。

綺堂家の書生となり、門下生のあつまりである「嫩(ふたば)会」に参加し、戯曲を中心に活動するようになる。

1922年、浅草の公園劇場で松本高麗三郎らにより中野の戯曲『場末の春』が、初めて上演された。

1930年[5]、戯曲『二等寝台車』が新派により上演されデビュー。1932年(昭和7)松竹募集脚本に史劇『木曽義仲(きそよしなか)』が当選。二世市川左団次らにより歌舞伎座で上演された。新派や新国劇などで自作品の演出も行うようになる[6]

その一方、ユーモア小説を得意とする。主に、オール讀物誌やキング誌などの大衆雑誌に発表する事が多かった。1935年上期、第1回直木賞候補、1936年上期第3回直木賞候補。1936年、佐々木邦辰野九紫サトウ・ハチロー獅子文六徳川夢声らと「ユーモア作家倶楽部」を結成した。

日中戦争開始直後の、1938年に大阪で[7]、陸軍に召集され、約2年間の従軍生活を送る[8]。1940年4月に帰国[9]。やはり従軍していた火野葦平ら従軍芸術家と「文化報国会」を結成[10]。中野が脚本を提供していた親しかった古川ロッパの非戦論に対して、全面的に戦争協力する中野との、友人関係が決裂していったことが、ロッパの日記に書かれている[11]

第二次世界大戦後は新派、新国劇、歌舞伎などの脚本を担当。1954年、新派にむけて書いた戯曲「明日の幸福」で毎日演劇賞および芸術祭賞を受賞した。1961年、『中野実戯曲集』《戯曲》で、第13回読売文学賞戯曲賞候補。

東宝のプロデューサー池野満の企画により[12]、1960年には劇作家の生活向上を目的として、川口松太郎、中野実、北條秀司菊田一夫で「劇作家四人の会」を結成[13]

1973年1月3日、新橋演舞場で自作の観劇中に、客席で脳溢血をおこし死去[14]

主な作品編集

三十路会編集

 
「三十路会」(昭和28年)

中野は自身こそ目立たないものの、その交友関係となると非常に広く、いくつもの親睦会のまとめ役となっている。中野が「いつまでも三十代の若い気持ちで仕事をしている同志たち」に呼びかけ発足した「三十路会」(みそじ かい)もその一つで、家庭で仕事を支える夫人を必ず会合に同伴することが決まりとう、ユニークなものだった。

左の画像は昭和28年にもたれた会合。後列左から、新国劇俳優の島田正吾中野實、挿絵画家の岩田専太郎、映画俳優の長谷川一夫、歌舞伎役者の十四代目守田勘彌。中列左から、中野夫人、島田夫人、辰巳夫人、脚本家の大江良太郎、新生新派の伊志井寛、林夫人、長谷川夫人、伊志井夫人、岩田夫人。前列左から、東京吉本社長の林弘高、新国劇俳優の辰巳柳太郎

脚注編集

  1. ^ 『現代ユーモア文学全集 中野実集』(駿河台書房)あとがき
  2. ^ 日本近代演劇史研究会(編)『20世紀の戯曲・II 現代戯曲の展開』(社会評論社)P.289
  3. ^ 日本近代演劇史研究会(編)『20世紀の戯曲・II 現代戯曲の展開』(社会評論社)P.289
  4. ^ 『現代ユーモア文学全集 中野実集』(駿河台書房)あとがき
  5. ^ 日本近代演劇史研究会(編)『20世紀の戯曲・II 現代戯曲の展開』(社会評論社)P.289
  6. ^ 日本近代演劇史研究会(編)『20世紀の戯曲・II 現代戯曲の展開』(社会評論社)P.289
  7. ^ 日本近代演劇史研究会(編)『20世紀の戯曲・II 現代戯曲の展開』(社会評論社)P.289
  8. ^ 井上寿一「日中戦争下の日本」(講談社)P.26
  9. ^ 井上寿一「日中戦争下の日本」(講談社)P.50
  10. ^ 井上寿一「日中戦争下の日本」(講談社)P.50
  11. ^ 井上寿一「日中戦争下の日本」(講談社)P.51
  12. ^ 千谷道雄『幸三郎三国志』(文藝春秋)P.27
  13. ^ 北條秀司『演劇太平記(3)』(毎日新聞社)P.193
  14. ^ 川本三郎『小説家たちの休日』(文藝春秋)