中野恵津子(なかの えつこ、1944年8月29日 - 2013年1月26日[1])は、翻訳家。

新潟市生まれ。国際基督教大学卒業。米国小説を中心に翻訳した。肺炎のため死去。

翻訳編集

  • ライアル・ワトソン『来たるべきものの予感. 生命潮流』木幡和枝村田恵子+中野恵津子訳、工作舎 1981
  • 世界の遺跡と名建築 10 技術の成果』講談社インターナショナル、1983
  • エド・ファン・デル・エルスケン『エルスケン巴里時代 1950-1954』リブロポート 1985
  • ジョセフ・ヘラー,スピード・ヴォーゲル『笑いごとじゃない 世にも明るい闘病記』ティビーエス・ブリタニカ 1987 のちちくま文庫
  • エド・ヴァン・デル・エルスケン『エルスケンニッポンだった 1959・1960』リブロポート 1987
  • ロバート・D.バラード『タイタニック発見』文藝春秋 1988
  • ライアル・ワトソン『スーパーネイチャー 2』内田美恵共訳 日本教文社 1988
  • アン・タイラー『ブリージング・レッスン』文藝春秋 1989 のち文庫 
  • アン・タイラー『ここがホームシック・レストラン』文藝春秋 1990 のち文庫 
  • E・L・ドクトロウビリー・バスゲイト』文藝春秋 1992
  • アーマ・ボンベック『スーツケース一杯の失敗』文藝春秋 1992
  • ジョイス・キャロル・オーツ『ブラックウォーター』講談社 1992
  • アン・タイラー『もしかして聖人』文藝春秋 1992
  • ジャネット・A.カプラン『レメディオス・バロ 予期せぬさすらい』リブロポート 1992
  • アン・タイラー『スリッピングダウン・ライフ』文藝春秋 1993
  • エフェリン・ド・レフト『ワンス・アポン・ア・タイム エド・ヴァン・デル・エルスケン』リブロポート 1993
  • E.L.ドクトロウ『紐育万国博覧会』文藝春秋 1994
  • アン・タイラー『時計を巻きにきた少女』文藝春秋 1994
  • ポール・セロー『中国鉄道大旅行』文藝春秋 1994
  • アン・タイラー『モーガンさんの街角』文藝春秋 1995
  • マーティン・ブース『影なき紳士』文藝春秋 1995
  • アン・タイラー『歳月の梯子』文藝春秋 1996 のち文庫
  • ジュリー・サラモン『クリスマスの木』新潮社 1996 「クリスマスツリー」文庫
  • ホイットニー・オットー『キルトに綴る愛』講談社 1996
  • リリー・タック『ねえ、聞いてる?』ティビーエス・ブリタニカ 1996
  • ポール・セロー『九龍塘の恋』文藝春秋 1997
  • E・L・ドクトロウ『ニューヨーク市貯水場』文藝春秋 1997
  • 『ポール・セローの大地中海旅行』NTT出版 1998
  • ステファニー・フォール『アメリカ人のまっかなホント』マクミランランゲージハウス 1999
  • ケイ・アレンボー他『まごころの贈りもの』ティビーエス・ブリタニカ 1999
  • ブレイク・モリソン『あなたが最後に父親と会ったのは?』新潮社 1999
  • アン・タイラー『パッチワーク・プラネット』文春文庫 1999
  • エド・ヴァン・デル・エルスケン『ニッポンだった& after 』大沢類共訳 東京書籍 2000
  • スーザン・グリーンフィールド『脳の探究 感情・記憶・思考・欲望のしくみ』無名舎 2001
  • デイヴ・エガーズ『驚くべき天才の胸もはりさけんばかりの奮闘記』文藝春秋 2001
  • アリステア・マクラウド『灰色の輝ける贈り物』新潮社 2002
  • アン・タイラー『あのころ、私たちはおとなだった』文春文庫 2003
  • アリステア・マクラウド『冬の犬』新潮社 2004
  • マクラウド『彼方なる歌に耳を澄ませよ』新潮社 2005
  • アン・タイラー『結婚のアマチュア』文春文庫 2005
  • チャールズ・レマート『モハメド・アリ アイロニーの時代のトリックスター』新曜社 2007
  • ウィリアム・トレヴァー『密会』新潮社 2008
  • メアリー・マッカーシー『アメリカの鳥 世界文学全集』河出書房新社、2009 
  • レベッカ・ミラー『50歳の恋愛白書』講談社 2010
  • アン・タイラー『ノアの羅針盤』河出書房新社 2011

編集

  1. ^ 『文藝家協会ニュース』2013年4月