中野 操(なかの みさお、1897年10月30日[1] - 1986年3月21日[1])は、日本の医師医史学者、陸軍軍医[1]京都府出身、京都府立医専[1]

戦後、大阪で開業[1]。1938年杏林温古会を設立、機関誌『医譚』を発行[1]。大阪の医学史研究につとめた[1]

著作編集

  • 『大坂蘭学史話』思文閣出版、1979年。
  • 『大阪名医伝』思文閣出版、1983年。

脚注・出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g デジタル版 日本人名大辞典+Plus 中野操”. 講談社 (2009年). 2014年12月23日閲覧。

関連項目編集