中野浩 (青森市長)

中野 浩(なかの こう、1876年明治9年)[1][2] - 没年不明)は日本政治家青森県青森市長。

来歴編集

青森県中津軽郡弘前に生まれる。青森県立弘前中学校(現・青森県立弘前高等学校)を経て[1]明治大学法科を卒業する[1][2]。卒業後は台湾総督府官吏となったが、短期間で辞職した[1]。その後は、時事新報東京毎日新聞の各記者を経て[1][2]東京市に入り、赤坂深川の各区長を務めた[1][2]

1926年、青森市長に就任、在任中に東津軽郡滝内村造道村の一部を編入[1]。練兵場の移転と青森港の拡張問題には苦慮した[2]1930年に市長を退任。東京市に戻り、淀橋板橋の各区長を務めた[1][2]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h 『日本の歴代市長』第1巻、194頁。
  2. ^ a b c d e f 『青森県人名事典』482頁。

参考文献編集

  • 歴代知事編纂会編『日本の歴代市長』第1巻、歴代知事編纂会、1983年。
  • 『青森県人名事典』東奥日報社、2002年。