メインメニューを開く

中野 滋樹(なかの しげき、1980年8月1日 - )は、大分県出身の野球選手(捕手)。社会人野球JR九州に所属している。

中野 滋樹
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大分県
生年月日 (1980-08-01) 1980年8月1日(39歳)
身長
体重
176 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

人物・来歴編集

柳ヶ浦高等学校では同学年の古卿大知とともに2年の夏からレギュラーとなり[1]、3年次に夏の甲子園に出場。初戦で松坂大輔らを擁する横浜高校に敗れた。東洋大学では2年上に小川将俊(後に中日)、同級生の飯田庸資の存在があって[2]控えだったが卒業後にミキハウスに入社。1年目の2003年からレギュラー捕手となり、日本選手権では首位打者賞を獲得する活躍でベスト4進出に貢献するも、能見篤史を擁する大阪ガスに敗れた[3]2004年のシーズン終了後、ミキハウスが企業スポーツ活動の見直しで野球部の活動を大幅縮小したのに伴い、吉田博之監督の誘いを受けてJR九州に移籍[4]

移籍1年目から正捕手となり、小松聖藤岡好明、補強選手の川崎雄介らの能力を引き出す好リード[4]都市対抗でのベスト4進出を支えた。秋には九州予選の第1代表決定戦で決勝本塁打を放ち、日本選手権出場を決めている[5]2006年には高根沢力が引退したアマ日本代表に招集され、鈴木健司らとともに正捕手として期待をかけられている[6]2008年には監督代行のような存在と吉田に評されるほどの高い信頼を得ている[7]

日本代表キャリア編集

主な表彰・タイトル編集

脚注編集

  1. ^ 朝日新聞、1997年6月20日付朝刊、大分地方面
  2. ^ 毎日新聞、2005年8月19日付朝刊、福岡地方面
  3. ^ 毎日新聞、2003年11月30日付朝刊、P.27
  4. ^ a b 毎日新聞、2005年9月9日付西部版夕刊、P.10
  5. ^ 毎日新聞、2005年10月22日付朝刊、福岡地方面
  6. ^ 毎日新聞、2006年11月27日付朝刊、P.19
  7. ^ 毎日新聞、2008年9月1日付朝刊、P.24

関連項目編集