メインメニューを開く

中野 種一郎(なかの たねいちろう、1876年9月20日 - 1974年1月24日)は、日本政治家実業家。伏見町長、伏見市長を経て、衆議院議員や、京都放送会長、京都商工会議所会頭、日本商工会議所副会頭、関西経済連合会副会長などを歴任した。

人物・経歴編集

京都出身。佛教専門学校(現佛教大学)卒業。家業の酒造業に従事する傍ら、1929年初代にして唯一の伏見市長に就任。1931年京都市会議員。同年京都府会議員。1932年衆議院議員。1946年京都商工会議所会頭。1947年関西経済連合会副会長。1951年日本商工会議所副会頭。同年京都放送取締役会長。1956年藍綬褒章受章。1959年京都産業観光センター取締役会長。同年紺綬褒章受章、藍綬褒章飾版。1964年日本WHO協会会長。同年勲三等旭日中綬章受章。1970年京都市名誉市民。1971年勲二等瑞宝章受章。1974年正四位[1][2][3][4]

脚注編集

[ヘルプ]


先代:
竹上藤次郎
京都商工会議所会頭
第10代:1946年 - 1965年
次代:
岩井盛次
先代:
(初代)
日本WHO協会会長
初代:1965年 - 1973年
次代:
平沢興
先代:
佐藤尚武
伊勢神宮崇敬会会長
第2代:1972年 - 1974年
次代:
松下幸之助