メインメニューを開く

中野 英光(なかの ひでみつ、1890年明治23年)4月18日 - 1982年昭和57年)3月19日)は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍中将

中野 英光
生誕 1890年4月18日
大日本帝国の旗 大日本帝国 佐賀県
死没 (1982-03-19) 1982年3月19日(91歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1912 - 1945
最終階級 Japan-army-1938-1945 16-1-.gif 陸軍中将
テンプレートを表示

経歴編集

佐賀藩士・中野竹九郎の長男として生まれる。佐賀中学を卒業。1912年(明治45年)5月、陸軍士官学校(24期)を卒業。同年12月、歩兵少尉に任官し歩兵第23連隊付となる。1920年(大正9年)11月、陸軍大学校(32期)を卒業し、参謀本部支那班に配属された。

1926年(大正15年)5月、関東軍司令部付としてハルビン特務機関に配属。その後、歩兵第63連隊大隊長、参謀本部員、吉林特務機関長、満州国軍政部顧問などを歴任。

1936年(昭和11年)8月、歩兵大佐に昇進。1937年(昭和12年)8月、北支那方面軍司令部付(済南特務機関長)に就任。1938年(昭和13年)3月、歩兵第13連隊長に任じられ日中戦争に参戦。武漢作戦などに従軍。1939年(昭和14年)2月、第21軍司令部付(広東特務機関長)に転じ、同年3月、陸軍少将に進んだ。1940年(昭和15年)2月、南支那方面軍司令部付(広東特務機関長)となり、歩兵第29旅団長を経て、同年12月、関東軍司令部付(満州国軍政部最高顧問)に就任。1941年(昭和16年)10月、陸軍中将に進級し太平洋戦争を迎えた。

1941年11月、第51師団長に親補され、広東の警備を担った。1942年(昭和17年)11月、ニューギニア戦線に転用され第18軍に編入、ラバウルに進出。1943年(昭和18年)2月、ニューギニアの戦いに参戦のため東部ニューギニアに派遣されたが、輸送船が撃沈され多大の損害を被った。その後、ラエ・サラモアの戦いに敗れ、サラワケット越えを敢行するなど苦戦を強いられた。オーストラリア軍と戦闘を交える中、ニューギニアのクッシャムで終戦を迎えた。

栄典編集

位階
勲章

脚注編集

  1. ^ 『官報』第167号「叙任及辞令」1913年2月21日。
  2. ^ 『官報』1942年7月17日「叙任及辞令」。

参考文献編集

  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。