メインメニューを開く

中野駅 (長野県)

日本の長野県上田市にある上田電鉄の駅

中野駅(なかのえき)は、長野県上田市中野字池下496-4にある上田電鉄別所線である。駅番号はBE12

中野駅
中野駅(2009年10月)
中野駅(2009年10月)
なかの
Nakano
塩田町 (0.5km)
(0.9km) 舞田
所在地 長野県上田市中野字池下496-4
駅番号 BE12
所属事業者 上田電鉄
所属路線 別所線
キロ程 8.5km(上田起点)
駅構造 地上駅
ホーム 単式1面1線
乗車人員
-統計年度-
43人/日(降車客含まず)
-2015年-
開業年月日 1921年大正10年)6月17日
備考 無人駅
テンプレートを表示
ホーム(2009年10月)

目次

駅構造編集

単式1面1線のホームを持つ地上駅である。現在は1面1線だが、2面2線分の敷地と架線がある(『上田丸子電鉄小史』によると、1943年(昭和18年)6月30日に停車場から停留場に変更された、とある)。待合室・駐輪場あり。かつては駅員配置駅であった。その後駅前の商店が乗車券販売業務を行う簡易委託駅となったが、昭和50年代に商店の乗車券販売がなくなり、無人駅となった。現在は商店も廃業、建物も撤去され更地となっている。 駅の東側中野踏切脇に「中野駅無料パークアンドライド駐車場」があり、旧商店側の他に駐車場側からも駅前に進入できる。

利用状況編集

近年の一日平均乗車人員の推移は下記のとおり[1]

年度 一日平均
乗車人員
2010年 39
2011年 44
2012年 36
2013年 46
2014年 49
2015年 43

駅周辺編集

小さな住宅街と農地が広がっている。

歴史編集

  • 1921年大正10年)6月17日 上田温泉電軌により、川西線の駅として開業。
  • 1939年昭和14年)3月19日 路線名称変更により、別所線の駅となる。
  • 1939年(昭和14年)9月1日 社名変更により、上田電鉄の駅となる。
  • 1943年(昭和18年)10月21日 合併により、上田丸子電鉄の駅となる。
  • 1969年(昭和44年)5月31日 社名変更により、上田交通の駅となる。
  • 2005年平成17年)10月3日 鉄道部門子会社化により、上田電鉄の駅となる。

隣の駅編集

上田電鉄
別所線
塩田町駅(BE11) - 中野駅(BE12) - 舞田駅(BE13)

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

参照編集

  1. ^ 『長野県統計書』各年度版による。

関連項目編集