中間選挙

アメリカの公職選挙のうち、大統領選挙と重複しない年に、4年ごとに行われるもの

中間選挙(ちゅうかんせんきょ、United States midterm election)とは、西暦偶数年の「選挙の日」 (Election Day) に一般投票が行われるアメリカ合衆国の連邦議員その他の公職選挙のうち、4年ごとの大統領選挙と重複しない年に行われるものを指す。大統領職の一期(4年)のうち半期(2年)が経過した時点で行われるため、「中間選挙」と呼ばれる。

概要編集

上院議員のうちの3分の1、下院議員全員が改選となる。各の定めによるが、同時に、任期が満了した州知事の選挙、各自治体の公職に関する選挙、欠員が生じている非改選上院議員の補欠選挙なども行われることが通例である。

中間選挙は大統領選挙の年の選挙と同様に、「選挙の日」すなわち「11月第1月曜日の属する週の火曜日」に行われる。通常は11月第1火曜日になるが、当日が11月1日になる場合は11月8日に行われることになる。

中間選挙では政権運営についての批判を受ける大統領の与党が議席を減らすことが多い。近年において大統領の与党が両院で議席を増やした中間選挙は、9・11テロ翌年の2002年のみである。

州知事選挙は中間選挙の年に行われるものが多い。2019年時点において、人口上位8位までの州を含む36州で州知事選挙を中間選挙の年に行う一方、大統領選挙の年に知事改選を行うのは11州(このうち2州は知事の任期が2年であり各偶数年に改選)、奇数年に知事改選を行うのは5州である。

選挙法[1]では、外国籍の人間(永住権保有者を除く)によるいかなる選挙への関与(選挙関連活動および寄付)を認めておらず[2]、これらの行為は違法である。

過去の中間選挙編集

1994年中間選挙編集

民主党ビル・クリントン大統領の1期目中に行われた。下院においては、民主党が54議席を失う大敗を喫し、40年間続いた民主党の下院多数党の地位を共和党に奪われる結果となった。上院においても、共和党が民主党から8議席を奪い、上院多数党となった。
この選挙において共和党が大きく勢力を伸ばしたことにより、以後連邦議会では共和党が多数派となった。この中間選挙以降、クリントン政権は残りの任期中、上下両院において少数派として政権運営を行うこととなった。
勢力の変動
  • 上院 - 共和党 44 → 52、民主党 56 → 48
  • 下院 - 共和党 176 → 230、民主党 258 → 204、無所属 1 → 1

1998年中間選挙編集

勢力の変動
  • 上院 - 共和党 55 → 55、民主党 45 → 45
  • 下院 - 共和党 228 → 223、民主党 206 → 211、無所属 1 → 1

2002年中間選挙編集

共和党ジョージ・W・ブッシュ大統領の1期目中に行われた。この年は、前年9月11日に発生した同時多発テロの影響もあって、共和党が上院で2議席、下院で8議席勢力を伸ばした。
勢力の変動
  • 上院 - 共和党 49 → 51、民主党 50 → 48、無所属 1 → 1
  • 下院 - 共和党 221 → 229、民主党 212 → 204、無所属 2 → 1

2006年中間選挙編集

ブッシュ大統領の2期目中に行われた。民主党が上下両院で多数党の地位を奪い返す結果となった。
勢力の変動
  • 上院 - 共和党 55 → 49、民主党 43 → 49、無所属(民主系) 1 → 2(非改選:共和党 40、民主党 26、無所属 1)
  • 下院 - 共和党 230 → 202、民主党 201 → 233
  • 州知事 - 共和党 28 → 22、民主党 22 → 28(非改選:共和党 6、民主党 8)

2010年中間選挙編集

民主党バラク・オバマ大統領の1期目中に行われた。下院では、2008年の下院選で大勝した民主党が1994年の中間選挙を上回る63議席を失う歴史的大敗を喫した。上院では、共和党が6議席を民主党から奪ったものの、民主党が上院過半数を維持し、上下両院で多数党が違うねじれが発生した。
勢力の変動
  • 上院 - 共和党 41 → 47、民主党 57 → 51、無所属 2 → 2
  • 下院 - 共和党 179 → 242、民主党 256 → 193

2014年中間選挙編集

オバマ大統領の2期目中に行われた。下院では共和党が議席を上積みした。上院では、共和党が民主党から9議席を奪い上院の過半数を得た。
勢力の変動
  • 上院 - 共和党 45 → 54、民主党 53 → 44、無所属 2 → 2
  • 下院 - 共和党 234 → 247、民主党 201 → 188

2018年中間選挙編集

共和党ドナルド・トランプ大統領の1期目中に行われた。投票率は49.4%で1914年以来、過去104年で最も高い値を示した[3]。上院では与党・共和党が多数派を維持し、下院では野党・民主党が8年ぶりとなる多数派奪還を果たした[4]
改選数
  • 上院 - 共和党 9議席、民主党 26議席
  • 下院 - 全435議席
  • 州知事 - 共和党 26州、民主党 9州、無所属 1州
勢力の変動
  • 上院 - 共和党 51 → 53、民主党 49 → 45、無所属 2 → 2
  • 下院 - 共和党 235 → 200、民主党 193 → 235
  • 州知事 - 共和党 33 → 27、民主党 16 → 23、無所属 1 → 0

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ ^ § 110.20 Prohibition on contributions, donations, expenditures, independent expenditures, and disbursements by foreign nationals (52 U.S.C. 30121, 36 U.S.C. 510).
  2. ^ A foreign national shall not, directly or indirectly, make a contribution or a donation of money or other thing of value, or expressly or impliedly promise to make a contribution or a donation, in connection with any Federal, State, or local election.
  3. ^ 中間選挙は過去104年間で最も高い投票率を記録した Onebox News
  4. ^ 2018年アメリカ中間選挙の結果を振り返る Onebox News

関連項目編集