メインメニューを開く

中関白家(なかのかんぱくけ)は、藤原北家の中の、平安時代中期の関白藤原道隆を祖とする一族の呼称。

中関白家
No image available.svg
※ 家ごとに異なる。
本姓 藤原朝臣
家祖 藤原道隆
種別 神別天神
出身地 山城国
主な根拠地 山城国 ほか
支流、分家 坊門家公家

水無瀬流
 水無瀬家公家
 七条家(公家)
 町尻家(公家)
 桜井家(公家)
 山井家(公家)
凡例 / Category:日本の氏族



概要編集

「中関白」の呼称の由来については、自己の系統による摂関独占を確立した父兼家御堂流の祖となった弟道長の中間に位置するからという説と兼家系の2番目の摂関であったからという説がある。その呼称は12世紀前期に成立した『江談抄』や『中右記』、『大鏡裏書』などに登場する。

道隆は正暦元年(990年)に父・兼家の後を継いで摂関に就任して自己の系統を摂関家嫡流にすべく尽力した。嫡男伊周内大臣、その弟の隆家参議、庶長子道頼権大納言に任ぜられ、娘の定子一条天皇中宮、同じく原子東宮居貞親王(後の三条天皇)の妃となった。

ところが、長徳元年(995年)に道隆と道頼が急死し、その後叔父である道長との権力闘争に敗れた伊周が花山院闘乱事件(花山法皇に矢を射かける事件)などによって大宰権帥に左遷され、隆家もこれに加担したとして連座した。更に定子は道長の娘である彰子に追いやられるように病没し、遺された敦康親王も皇位に就くことなく病死したため、外戚になることもなかった。伊周の子である道雅も問題行動が多く不遇のまま没し、隆家の家系のみが続いたが大臣以上を輩出することはなくなった。

隆家の子孫は坊門家水無瀬家をそれぞれ称した。前者は室町時代に断絶したが、後者は水無瀬流としてその分家とともに明治維新まで家系を保った。

系譜編集

道隆
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
道頼伊周隆家隆円定子[1]原子[2]御匣殿[3]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠経道雅顕長良頼経輔
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
覚尋覚助伊賀少将[4]良基師家師基師信政則?増誉
 
 
 
 
 
 
 
 
 
隆宗家範源国明経忠
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
宗兼基隆忠能信輔
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
池禅尼忠隆一条長成信隆親信
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
基成信頼家頼能成坊門信清坊門隆清殖子[5]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠信忠清信子[6]清親
 
 
 
基輔
 
 
 
俊輔
 
 
 
清忠

脚注編集

参考文献編集