メインメニューを開く

中院 通富(なかのいん みちとよ[1] / みちとみ[2])は、幕末公家、明治期の華族伯爵東山天皇男系四世子孫である。

 
中院通富
Nakanoinn Michitomi.jpg
中院通富
時代 江戸時代末期-明治時代
生誕 1823年10月26日文政6年9月23日
死没 1885年明治18年)6月19日[1]
官位 正二位権大納言伯爵
主君 仁孝天皇孝明天皇明治天皇
氏族 徳大寺家中院家
父母 父:徳大寺実堅、母:醍醐信子
養父:中院通繁
兄弟 四辻公績中院通富、定君(西園寺師季室)
中院繁子(中院通繁の娘)
盛子(徳川昭武室)、養子:通規、他
テンプレートを表示

目次

経歴編集

山城国京都内大臣徳大寺実堅の二男として生まれ、侍従中院通繁の養子となる[1][2]天保8年3月25日1837年4月29日)に元服し昇殿を許される[3]。天保12年8月29日1841年10月13日)右近衛権少将に任じられ、右近衛権中将、兼参議権中納言を経て、慶応4年2月2日1868年2月24日)権大納言となった[3]

安政5年3月1858年)、日米修好通商条約締結の勅許案を巡り、中山忠能大炊御門家信広幡忠礼四辻公績正親町三条実愛正親町実徳三条西季知日野資宗庭田重胤八条隆祐橋本実麗野宮定功と共に、案文の変更を求めた[4][注 1]万延元年7月1860年儲君祐宮(後の明治天皇)の三卿に就任[2]。その後、七次にわたって議奏加勢を務める[2]

慶応3年12月9日1868年1月3日)王政復古を迎え、慶応4年2月20日1868年3月13日)参与、林和靖間詰並御内儀口向等取締に就任[5]。同年4月桂宮祗候に転じ、その後、殿掌などを務めた[2]

1884年7月7日、伯爵を叙爵した[6]

親族編集


系譜編集

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
東山天皇
 
中御門天皇
 
桜町天皇
 
桃園天皇
 
後桃園天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
直仁親王
 
典仁親王
 
光格天皇
 
仁孝天皇
 
孝明天皇
 
明治天皇
 
大正天皇
 
昭和天皇
 
今上天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
鷹司輔平
 
鷹司政煕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
徳大寺実堅
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
中院通富
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 『明治維新人名辞典』704頁では、安政勤王八十八廷臣の一人とされているが、東京大学史料編纂所ホームページ「維新史料綱要データベース」では該当しない。

出典編集

  1. ^ a b c d e 『平成新修旧華族家系大成』下巻、238-239頁。
  2. ^ a b c d e f 『明治維新人名辞典』704頁。
  3. ^ a b 『公家事典』688頁。
  4. ^ 東京大学史料編纂所ホームページ「維新史料綱要データベース」。
  5. ^ 『百官履歴 上巻』282-283頁。
  6. ^ 『官報』第307号、明治17年7月8日。
  7. ^ a b 八幡和郎「今上天皇に血統の近い知られざる『男系男子』たち」『新潮45』36巻1号、新潮社2017年1月18日、42頁。

参考文献編集

  • 橋本政宣編『公家事典』吉川弘文館、2010年。
  • 安岡昭男編『幕末維新大人名事典』下巻、新人物往来社、2010年。
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』下巻、霞会館、1996年。
  • 日本歴史学会編『明治維新人名辞典』吉川弘文館、1981年。
  • 修史局編『百官履歴 上巻』日本史籍協会、1928年。
日本の爵位
先代:
叙爵
伯爵
中院家初代
1884年 - 1885年
次代:
中院通規