メインメニューを開く

中隈 敬蔵(なかくま けいぞう、安政4年9月29日[1]1857年11月15日) – 大正13年(1924年3月21日[2])は、日本の日本の官僚会計検査院長

目次

経歴編集

佐賀藩士中隈武雅の二男として生まれ、1871年に藩の推薦で東京に出る[1]大学南校を経て、1880年東京大学政治理財学科を卒業した[3][4]。会計検査院に出仕したが、まもなく大蔵省御用掛に転じ、さらに農商務省御用掛、東京山林学校(のち東京農林学校)教授を務めた[1][4]1886年、大蔵権少書記官となり、1889年には第一高等学校教授を兼任し、理財学を担当した[1]。その他、慶應義塾(現在の慶應義塾大学)講師・専修学校(現在の専修大学)講師を務めた[1]

1893年、会計検査院に戻り、検査官、第二部長を歴任した[1]1918年、会計検査院長に就任した[5]

栄典編集

親族編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g 原田道寛編 『大正名家録』 二六社編纂局、1915年、ナ36頁。 
  2. ^ 『官報』第3473号、大正13年3月25日、p.358
  3. ^ 東京帝国大学編 『東京帝国大学卒業生氏名録』 東京帝国大学、1926年、225頁。 
  4. ^ a b 五十嵐栄吉『大正人名辞典』東洋新報社、1917年。
  5. ^ 會計檢査院要覽』 〔会計検査院〕、〔1919〕、22頁。 
  6. ^ 『官報』第3473号「叙任及辞令」1924年3月25日。